« 四月病 | トップページ | しあわせ倍増計画 »

2006年4月 4日 (火)

嵐のあと

毎日、電話がかかってきたかと思えば、パタリと音信不通。こちらが電話してもメールしても何の音沙汰もなし。自分で「糸の切れたタコ」と言うだけのことはある(笑)

そう、私の「愛しい人」のこと。

こちらが「おはよう」も「お疲れ様」もメールせず、怒っている絵文字を1文字送っただけで、あわててメールしてくる。そんな愛しい人に、随分と振り回された。(ああ、現在進行中)

「もう、3日も連絡がないの・・・」と友達に言った時、「たった、3日でしょう???」と言われた。それまで、そんなに連絡がないことがなかっただけに、不安で不安で仕方なかった。「嫌われたんじゃないか、もう二度と連絡がこないんじゃないか・・・」とまで悩んだ。そんな大げさな!と思うかもしれないが、その時の私にとっては、一大事!!「なんで?どうして?どうしちゃったの?」と四六時中、考えていた。頭の中は、もうそのことで一杯。コピーしてたって、パソコンに向かっていたって、涙がうるうるきちゃう。嵐のような日々だった。

最近、友人に教えてもらった占いサイトにこんなことが書いてあった。過去分を見ていたら、その時期にどんぴしゃな言葉があった。

 人は不安になると
 「これは予感ではないか?」
 と「考え」ます。
 ここで既に2段階くらいの大間違いがあるのに
 知的な貴方は既にお気づきだと思います。
 「不安」は、想像と、そこからくる感情です。
 「予感ではないか?」というのは、そうなったらドウシヨウ、という恐怖です。
 それを「考えて」しまうというのは、単なる誤解です。
 つまり、想像→恐怖→誤解が、
 悪い予感の正体です。

 貴方が今、直面していることは
 貴方ほどのひとが直面するくらいですから
 全く正しい状況なのです。
 それをどうぞ、信じて頂きたいと思います。
 今、起こるべくして起こること以外のことは何一つ
 起こっていないように思えるのです。

 価値あるものが、その価値を全開にして
 他者の方にその力を及ぼしている最中なのだと思います。

 (サイト名:筋トレ(石井ゆかり))

そうなのだ。石井ゆかり嬢が言うように、単なる誤解なのである。自分で作り上げた「誤解」以外の何者でもないである。嫌いになった訳でもなく、他に楽しいことができた訳でもないのだ。相手は疲れ果てて寝てしまったのかもしれない。携帯の電池が切れてしまったのかもしれない。「今日、電話しても愚痴ってしまうだけだから、止めておこう」と思ったのかもしれないのだ。(今だからそう思えるけど・・・)

そんな、嵐な日々を送っていたが、「夜明けなのこない夜はない」ように、必ずや静寂が訪れる。悩んだ自分がおバカだったと思える今、随分と成長したものだと自分を褒めてあげたい。だって、自分しか褒めてあげられないもの。その時、いっぱい苦しんで悩んでつらかったのを知っているのは、誰でもない「自分」なのだから。

それと同時に、「もう悩むのはよそう」「ネガティブに引っ張られるのはやめ~た」と思った。ハートの交流をして愛しい人と、それはそれは太いパイプで繋がっているのを実感したら「私のこと、嫌いになるわけないじゃん!」「離れていくわけないじゃ~ん」と思えた。今はとても簡単に思えることも「嵐」のなかにいる時は、そんなこと全く気づかない。・・・というよりも、「気づけない」のだ。

だから、今あなたが恋愛に悩んでいる気持ちがわかります。「フツーならこうするよね?!」とあなたのものさしで考えていませんか?あなたのものさしと彼のものさしとは、尺度が違うかもしれません。人それぞれ、みな違う尺度のものさしを持っているのです。そのことに気づいて、パニックワールドから脱け出そうではありませんか!

だって、今、あなたが誰かを好きって気持ちが一番じゃないですか。愛しいと思うそのあなたの気持ちが素敵じゃないですか。

今、あなたはしあわせですか?

私・・・? はい!しあわせです。

「愛しい人」は、3月の年度末が終わり今日は飲み会だそうです。(はい、行ってらっしゃい。飲みすぎて明日は寝坊しないようにね。)って感じかな(笑)

« 四月病 | トップページ | しあわせ倍増計画 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のあと:

« 四月病 | トップページ | しあわせ倍増計画 »