« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

愛を与え続ける

誰だって愛されたいのです。誰だって愛が欲しいのです。

あなただけが愛されたいと思ったり、アイがホシイと思ったりしているわけではないのです。

でもね、どんな状況でも、愛を与え続けることが幸せを感じる一番の方法だと思います。以前、友達のブログに書いてあった素敵なメッセージをこのブログでも紹介しましたが(詳しくは3月18日のブログを見てね!)もしあなたが今、「もっと愛されたい」と思っているなら「その人をあなたがもっと愛してください」

私が愛してあげるから、あなたも愛してなんていうのはダメ。無償の愛を与えるのです。そうすればその波動が相手にじんわりと伝わるものなのです。そうしてあなたはあなたが与えた愛よりも多いあふれるようなおつりを手にすることができるはずです。

私にはたくさんのヘルプパーソンがいます。それはハートを開いて彼らと接してきたからです。「こんな考え方もあるよ」と教えてくれる人、「この読み物をジュディに届けたいと思った」と言って届けてくれる人、落ちこんだ私に時には強いことばで叱咤激励してくれる人・・・み~んな私の大切なヘルプパーソンです。与えてくださる人がいるなら、それをありがたく頂く、そして感謝する。手を差し伸べてくれる人がいたなら、手を伸ばしてその手を握ってみる。素直な気持ちと感謝の心を持って接していけば多くのものを受け取ることができるはずです。そして、あなたが今度はそのヘルプパーソン達に与えることができるものがあれば与えてあげる。

一昨日の夜、メールの整理をしていました。友達とほぼ毎日のように交わされるメールの中に彼女からの「あふれる愛」をあらためて感じました。私はこんなにやさしい心をもらってきたんだなぁと実感しました。感謝しているとメールしたら、「あなたはそれに値する人だからよ」と返信をくれました。

あなたがもし今、停滞しているなら、誰かとうまくいっていないと感じるのなら、それを嘆くことよりもさらに愛を与えてみてはどうでしょう。変な期待をしないで与えた愛なら、ちゃんと相手からもギフトが届くはずです。

白馬に乗った王子様が現れて、私を幸せにしてくれるの・・・な~んて思っているうちは、王子様は現れないのです。誰かに幸せにしてもらうのではなくて、自分のハートで幸せを感じる♪それができるようになれば・・・ふふふふ(^.^;v

2006年7月21日 (金)

幸せ証明書

なぜ、こんなにも簡単なことができなかったのでしょうか。

きっと自信がなかったのでしょう。決めては揺らぎ、揺らいでは決めての繰り返しでした。

でも、人生にムダなことなど何ひとつないのです。遠回りに見えるこの道のりも、やり方もきっと時間をかけた分、自分のモノになったと思えます。

ヒーラー達はこう言います・・・『あなたはどうしたいの?』

こんなに強く望んでいるのに何で私の願いをかなえてもらえないんだろう・・・そんな風に思ったこともありました。もし、あなたがうまくいなかいことがあるのなら、頭で考えるのではなく、お腹の底で決めちゃいなさい!『・・・でも、もしかしたらダメかも???』なんて考えずに、なりたい状況を明確にして、そうなる!できる!と決めるのです。そして、そうなったことを想像して感謝するのです。

これが全てです。

そこには1ミリの不安も怖れもないのです。だから、願いがかなうのです。

あんなにも不安と怖れを手放せなかった私が言うのですから、間違いありません。いつも言っているように私にできたのですからあなたにもきっとできるはずです。

幸せは誰かに「幸せ」とスタンプを押してもらうわけではありません。誰かに「幸せ証明書」を発行してもらうわけでもありません。そして、誰かと競うものでもありません。

あなたが「幸せ」だと心で感じることです。

2006年7月16日 (日)

うまくいない時は・・・

あなたが、もし恋愛や結婚、仕事、人間関係・・・etc.  うまくいかないなぁ~とそんな風に思うなら、本当にそのことをあなたがココロの底から望んでいるか、それを考えてください。顕在意識で、漠然と望んでいても潜在意識ではそう思っていないことがあります。

潜在意識では、『ああ、うまくいったらどうしよう』『こんなにおいしい話があるわけない、騙されているのかも・・・』『私には無理、うん、きっと無理』とか、うまくいかない言い訳を考えていることがたくさんあります。

何かをしようとする時、それは大きなことじゃなくてもどんな小さなことでも、ココロの底、そう、腹をくくるとか、肝を据えるとか、そんな感じで自問自答して得たものが正しいのです。

たとえば、『彼に電話したいけど、でなかったらどうしよう。留守電になっていたらどうしよう』なんて考えて電話すれば、やはり、つながらない。でも、『大丈夫、大丈夫』と口にしてかければちゃ~んとつながる。一時が万事こんな感じなのです。

この『大丈夫、大丈夫』という言葉、実際声に出して言ってみてください。自然と口角があがって、目元に笑みがでて、何だか嬉しい気持ち、ワクワクとか、ウキウキと感じてくるでしょう。

もし、あなたが不安に思うことがあったら、その不安を手放すことが一番なのですが、それがなかなかできない時は、まずは、真剣に望んだことを想像してください。そうなった時にどう感じるかを味わってください。そして、どうぞこの言葉を言ってみてください。『大丈夫、大丈夫』と。

うまくいかないときは、それを本当に望んでいないとき。そして、今はその時期じゃないってこともあります。タイミングって大事だからね。何かをするとき、ほとんどが誰かとかかわっていたりします、そう相手があるのです。

たとえば、習い事をしたいと思っているとしましょう。それをどこで習えるのか(通える距離、範囲)、スケジュール的に合うのか(平日の昼間のクラスしかないとか)、費用は?全てのタイミングが揃ったときに、ちゃんとそれと出会えるのです。そう、ちゃんとココロから欲していれば。

それでも、もしうまくいかないときは、チャネルを変えるようにその一時でも別のチャンネルを回してみましょう。そっちのチャンネルの方が楽しかったり、またはそっちを楽しんでいたら望むチャンネルが向うからやってきたりするものです。

2006年7月10日 (月)

ツキをよぶ魔法の言葉

大切な友人が、とても素敵なものを私に贈ってくれた。

それは、ある人の講演会を筆録したものだった。A4に23枚にもわたるその講演会の記録は、宝石のような輝きがあった。

あまりにも膨大な量なので、このコラムではご紹介できないが、以前、私が書いてきたコラムと同じようなことも書かれていた。

私自身、知っていたことなのに、実践していなかったり、忘れていたり。このタイミングでそのメッセージを受けるとことができた幸運に感謝した。

そして、何よりもこの講演会記録を私に贈ってくれた友人に感謝。

どうにかして、この素敵なメッセージを広めたいと思うが、著作権などもあるだろうから、ひっそりと自分の周りにいる人から・・・と思ったが、それではなかなか広がらないだろう。私のHP ALOHA ANGEL にアクセスしてそこからメールを頂いた方には、コピー代と送料実費で個人的におすそ分けしたいと思う。

このツキをよぶ魔法の言葉は、実践したらすぐに結果がでた!何気ない言葉だけれど、言葉には魂がある(言霊)というのは、本当なのだと実感した。

2006年7月 5日 (水)

友へ・・・

友達から彼と別れたとメールが届きました。

結婚したいと言っていた彼女・・・でも、いつの間にかその炎が小さくなっていき、やがてフゥーっと消えていったのかもしれません。それを一番に感じ取ったのが彼だったのかもしれません。

私が電話すると、彼女は思いのほか元気そうでした。そして、「学ばせてもらった」と言っていました。何て素敵なのでしょうか。そんなふうに思える彼女に、きっとまた素敵な人が現れることだろうと思います。

人と人が、めぐり会ってお互いを認め合い、恋して、愛しあう・・・誰かを好きになるって本当に素敵なことだと思います。

「こんな気持ちにさせてくれて『ありがとう』」ってかつて私は思ったことがありました。

あなたとめぐり会わなければこんな気持ちにはなれなかったでしょう。

あなたを好きにならなければこんな気持ちにはなれなかったでしょう。

もう、だいぶ前のこと、失恋してクリスタルヒーラーの所へ駆け込んだ私に、ヒーラーは言いました。「彼に感謝して、天に返してあげなさい」って。

その時の私?

『そんなことできない。だってまだ好きなんだもの・・・』と思っていました。数ヵ月後、いや、数年後かな?ヒーラーの言っている意味がわかりました。

どんだけ涙を流してもいい、無理して笑うことより、失恋したその時は、思いっきり泣いた方がいいと思います。

でも、忘れないでほしいのです。必ずもっともっと幸せが訪れることを・・・

その幸せをつかむのはあなた次第なのだから。

私の大切な友へ・・・失ったものよりも得たものの大きさを感じてください。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »