« ツキをよぶ魔法の言葉 | トップページ | 幸せ証明書 »

2006年7月16日 (日)

うまくいない時は・・・

あなたが、もし恋愛や結婚、仕事、人間関係・・・etc.  うまくいかないなぁ~とそんな風に思うなら、本当にそのことをあなたがココロの底から望んでいるか、それを考えてください。顕在意識で、漠然と望んでいても潜在意識ではそう思っていないことがあります。

潜在意識では、『ああ、うまくいったらどうしよう』『こんなにおいしい話があるわけない、騙されているのかも・・・』『私には無理、うん、きっと無理』とか、うまくいかない言い訳を考えていることがたくさんあります。

何かをしようとする時、それは大きなことじゃなくてもどんな小さなことでも、ココロの底、そう、腹をくくるとか、肝を据えるとか、そんな感じで自問自答して得たものが正しいのです。

たとえば、『彼に電話したいけど、でなかったらどうしよう。留守電になっていたらどうしよう』なんて考えて電話すれば、やはり、つながらない。でも、『大丈夫、大丈夫』と口にしてかければちゃ~んとつながる。一時が万事こんな感じなのです。

この『大丈夫、大丈夫』という言葉、実際声に出して言ってみてください。自然と口角があがって、目元に笑みがでて、何だか嬉しい気持ち、ワクワクとか、ウキウキと感じてくるでしょう。

もし、あなたが不安に思うことがあったら、その不安を手放すことが一番なのですが、それがなかなかできない時は、まずは、真剣に望んだことを想像してください。そうなった時にどう感じるかを味わってください。そして、どうぞこの言葉を言ってみてください。『大丈夫、大丈夫』と。

うまくいかないときは、それを本当に望んでいないとき。そして、今はその時期じゃないってこともあります。タイミングって大事だからね。何かをするとき、ほとんどが誰かとかかわっていたりします、そう相手があるのです。

たとえば、習い事をしたいと思っているとしましょう。それをどこで習えるのか(通える距離、範囲)、スケジュール的に合うのか(平日の昼間のクラスしかないとか)、費用は?全てのタイミングが揃ったときに、ちゃんとそれと出会えるのです。そう、ちゃんとココロから欲していれば。

それでも、もしうまくいかないときは、チャネルを変えるようにその一時でも別のチャンネルを回してみましょう。そっちのチャンネルの方が楽しかったり、またはそっちを楽しんでいたら望むチャンネルが向うからやってきたりするものです。

« ツキをよぶ魔法の言葉 | トップページ | 幸せ証明書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまくいない時は・・・:

« ツキをよぶ魔法の言葉 | トップページ | 幸せ証明書 »