« | トップページ | ありがとうの声 »

2006年9月10日 (日)

スージーの魔法

昨日の朝、『もしもしぃ~』(*^_^*)とスージーの元気な声で電話がかかってきました。

この声に何度パワーをもらったことでしょう。
この声に何度、テンションを上げてもらったことでしょう。

横浜のサロンを一時閉鎖して充電中のスージーですが、自宅で施術してくださるというので、予約していたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スージーの自宅に到着。いろんな話をしながら、テンションを高めていってくれます。

私自身もお客様から『自分は何をすればいいのでしょうか』とか『自分は何が向いているのでしょうか』とよく聞かれるのですが、誰かにあれをしたらいいですよ!と教えてもらうものではなく、今、興味のあるもの、夢中になっているもの、それをしていたらあっという間に時間がすぎてしまうもの、そんなものをやってみるのが一番だという話になりました。

好奇心旺盛の彼女は、いつも何かをやっています。いいと思ったものはとことん追求します。その向学心には頭が下がります。彼女いわく、それでプロになろうとか、お金儲けをしたいとかじゃなくて、『やってみたい』『周りの人にそれをしてあげたいから』とか、何よりも『それをやっていると楽しい』からという理由だけで始めてみればいいといいます。それがたとえ趣味の域を超えなくてもそこで出会った人から何かを得ることもたくさんあります。

スージーと私も不思議なご縁で出会いました。お互いが出会ったきっかけのクリスタルヒーリングは、二人とも仕事としていませんが、そこからのご縁で今があるのだと思います。

私も昨日の話で、スージーの勝手な(?)思い込みやら何やらで、ネイルを習いに行こうかな?という気持ちにされました。
・・・されたというのは、あれよあれよという間に『じゃあ、ネイルでも勉強してみようかな?ただネイルサロンに行くだけじゃなくて、自分でもちょっとプロっぽくできたらいいよね~』なんていう話になったのです。

今までも1DAYレッスンに行ったことはありましたが、何せ、絵心がないのでアートが描けない!そう思っていたのですが、『絵が描けなくたっていいではないか!ライトストーンやフレンチだけでもちょっとかじるだけでもいいじゃない』というスージーの言葉で、『よし!習ってみるか』という気持ちにさせられました。

絵心がない=アートが描けない=だからネイルを習いにいけない。
と、習いに行けない理由を自分で作っていただけなんですよね。何も資格を取るわけじゃないし、ネイルサロンに勤めるわけじゃないのですから、お花が描けなくたって習いに行ってもいいじゃないですか!!(ひらきなおり?)

人はできない理由を探すのはとても上手です。反対にどうすればできるか?を探すのは下手です。ネガティブなことはたくさん思いつくのに、ポジティブなことはなかなか思いつかないのと同じですね。

何か別のことに没頭している時間があれば、必ず違うものもやってくる。目の前のひとつの事柄や問題だけを考えていても解決にはならないです。解決しないだけでなく自分で自分の気持ちをがんじがらめにしてしまいます。だったら、別のことをして楽しく♪過ごしていると、ふーっと解決していたりするようです。

ある時、それだけじゃなくて、他のものも見てみなさい!と友達に言われたことがありました。その時、角度を5度だけ変えたら本当に欲しかったものが入ってきたということがありました。そんなものなのですね。

たくさん話をして、テンションを上げてもらい、『ほら、その笑いよ!ガハハハって笑うそれが大事!!』だと。

その後、浄化をしてもらい、フェイシャルへ。

以前より手がやわらかくなったスージーの手で極楽のひととき。

・・・・・・・・・・・・・・

スージーの声を聞いたらすご~く元気なって、ああこれが欲しかったんだな~って思ったというと、『それよ、それ!自分が嬉しかったことを相手にもしてあげるの。暗い声で電話をしても相手は喜ばないよ、わかるでしょう』

言われてみれば基本的なことができていなかったのかもしれません。パワーを充電しにきたくてもこちらのテンションが下がっていれば、充電できないですもんね。

心配や不安になったら、とりあえず別のことをやってみる。がむしゃらに、何も趣味とかじゃなくてもいいはずです。徹底的に掃除するとか、お菓子作りをしてみるとか、料理してみるとか、日曜大工でもいいし、ガーデニングでもOK!

私はスージーに魔法をかけられたそんな一日を過ごしました。

Thank You (*^_^*)v

« | トップページ | ありがとうの声 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スージーの魔法:

« | トップページ | ありがとうの声 »