« 背中を押して | トップページ | 大人の男の婚外恋愛 その2 »

2006年11月 8日 (水)

大人の男の婚外恋愛 その1

 

浮気と言われるのは好きじゃない、そんな浮ついた気持ちじゃないから本気だから

そう言われたので、婚外恋愛と言えばいいのかな?

婚外恋愛をしていると知人に打ち明けられたのは、昨夜のこと。

何年かぶりに会った私にそんなこと打ち明ける気もなかったかもしれないけど、癒しを求めているのはすぐにわかった。

癒されたいんでしょう?の問いに、図星だった。

40代後半の彼は、自分の半分の年齢の彼女と恋におちた。

クールで気難しい、部下に怒っている姿しか知らない私は、彼から打ち明けられる彼女に対する熱い情熱は想像しがたかった。

奥さんにバレたり、他のこともあってその彼女は、年下の相談相手と・・・

よくある話。

自分のことをネタにできたのが許せない、俺がこんなに傷ついているのに気にしない彼女の態度が許せない。

でも、好きだという。

俺がつらいのに彼女は幸せなのは何でだ!って自我丸出しの知人に、ひとつひとつ話をした。

職場で自分のことを気にしないで、目の前で彼とメールのやりとりしているのが許せないから、仕事で冷たい態度を取ってやったという。

そのメールだって、本当に彼とかどうかなんてわかんないじゃん!

大人のあなたが好きだったはずなのに、そんな子供じみたことやめなよと言った。

自分がどうしたいのかがまだわからず、「俺をつらくしている」彼女にねたみや嫌味をぶつければ、その全てが自分に跳ね返ってくることを教える。

家に帰り、午前3時半、彼女にメールしたけど返事がない、それにやきもきしていると私にメールが届く。

寝てるに決まってるじゃん(*^_^*)zzzz

メールしたくてメールしたのだから、それで良しとすればいい、彼女からの返信がないのは寝ているからかもしれないし、電池切れなのかもしれない。返信がないことに勝手に意味づけして、自分でもやもやしても仕方ない。

これがもし私からのメールの返信がなくても、あいつ寝たな!ですむでしょ?それと同じことよ、と言ってみる。

つい最近自分が経験したことだな~と省みた。

 

案の定、具合が悪くて帰ってすぐに寝てしまったと朝、彼女からメールが届いたそうだ。

ほら、やっぱりね!

大人の男でも、恋に落ちると冷静になれなくなってしまう。

恋愛は相手があることだから、とか

時間が解決してくれるなんてありきたりな言葉を私は使わないよと言った。

自分がどうしたいのかを決めて、こんなに素敵な恋愛ができたことに感謝して手放せとアドバイスした。

思い切って手放せば、新しいものが入ってくる。

もし彼にとって本当に彼女が必要な人なら、ちゃんと戻ってくる。

焦ったところで、今の彼女は彼を忘れるために、心の隙間を埋めるための新しい彼とつきあっているだけだもの。

ネガティブはネガティブを増幅させるだけだから、ポジティブなことを考えるようにとも言った。

まだ決められない、とメールがきた。

そうそう簡単に決められるもんじゃないし、ネガティブを手放すことが一晩でできたら、とっくにポジティブになっているよ、少しずつでいいのよ、と言った。

このあとはまた今度・・・

 

 

« 背中を押して | トップページ | 大人の男の婚外恋愛 その2 »

コメント

はじめまして。
切ない話ですね。。。
なんだか涙が出そうです。
人の心は移ろいやすく…
むずかしいものです。

いなほ様

コメントありがとうございます。
いなほさんのお名前は、
あちらのブログでいつも拝見しておりました。

ええ、とっても切ないですね。

コラムには書けない、
もっと切ない話もあって・・・

人の気持ちに絶対!は
ないってことですね。
 
また遊びにいらしてくださいね。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 背中を押して | トップページ | 大人の男の婚外恋愛 その2 »