« 大人の男の婚外恋愛 その1 | トップページ | 弱音吐いても »

2006年11月 9日 (木)

大人の男の婚外恋愛 その2

 

・・・昨日の続き。

その彼女とのSexが良かったからじゃないの?と

ズバリ聞いてみた!

案の定の答え。

そんなのJUDYには、お見通しさ。

食欲・睡眠欲・性欲って3大欲求だと思う。

恋愛においてSexは大切な要素だと思う。

肌が合うという言い方をするけど、本当にそれはあると思う。

エンジェルカードひいてと言われてひいたけど、別にお客様じゃないし知人としての感情も入ってしまうから、きついことも言ってしまった。

その彼女に飽きたらまた別の人だったんじゃないの?って。

お見通し!

自分が飽きる前に終わりが突然来ちゃったから、相手に未練があって執着している。

これが終わりかけの関係だったら、そこまでの執着なんてなかったはず。

彼女には絶対いえない男の本能むき出しのメールを読んだ私は、『ああ、やっと自分の心の奥の声が聞けたんだな』と思った。

メールしたり、話したりと、気持ちを言葉にすることで自分で確認できるものもある。

離婚してもいいとまで、彼女を愛したこと、楽しい時間を過ごしたことは本当だと思う。

それを周りがどうこういうこともない。

それにその自分の気持ちを誰かにわかってもらう必要もない。

宝石箱をあけた時のようなキラキラした時間を過ごしたと感じるなら、それは自分だけの心にしまっておけばいい。

それをたとえ彼女であっても強要する必要はない。

彼女にわざと仕事で冷たくしたことを謝って、俺はここにいるから何かあったらいつでもこいよとメールをしたと私にメールしてきた。

それでこそ、彼女が愛した大人の男

ネガティブが抜けて、ポジティブになってきたと確信した。

どうしたらいいか?と何度も私に問いかけてきたけど、

私はこうしろ!とは一切言っていない。

それは自分で心に聞いてきめないと、人に言われてやったことはあとあと後悔したりするから。

自分で決めたことなら、たとえ結果が自分の望む方向にいかなかったとしても納得できる。

そして自分で決めないと、どんなときも人生は。

  

奥さんいるのに若い子と恋愛なんて!と思う人がいるかもしれない。

でも、それに反対する権利は私にはないし、全ては自己責任。

それで刃傷ざたになろうが、ドロ沼になろうが初めからわかっていたことだと思うから。

  

私には、二人のこの先がほんの少し見えている。

でも今はそれは言わない。。。。

だってこのコラム読んでいるから~(*^_^*)v

« 大人の男の婚外恋愛 その1 | トップページ | 弱音吐いても »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の男の婚外恋愛 その1 | トップページ | 弱音吐いても »