« 愚痴をこぼしたい夜 | トップページ | 見返りを求めない男の友情 »

2007年1月17日 (水)

ペコちゃんよ、舌をだしている場合ではないぞ!

小学生の頃、バレンタインデーに初めてあげたチョコレートは、不二家の「ハートピーナッツチョコレート」だった。仕事のストレスで軽いチョコレート依存症になった時に好んで食べていたのもやはり、「ハートピーナッツチョコレート」のパックになっているものだった。

有名ケーキ店のケーキを数多く食べたが、値段と味、大きさなどで満足するのって、結局のところ「不二家」か「コージーコーナー」といったケーキの原点にもどると私は常々思っていた。

このJUDYの持論をケーキ好きの友人に話したことがあるが、皆、納得して同感してくれた。

雪印の低脂肪乳を飲んでいたのに、雪印問題が起こってからは我が家では雪印不買を今でも続けている。あまりにも消費者をバカにした話だと思ったからだ。今はMEGMILKなんて名前に変えてしまっているので、表示をよーく見ないと思わずカゴに入れてしまっている時がある。もちろん、ケーキやお菓子を買えば、原材料の牛乳がどこのメーカーのものかまではわからないので、きっと知らず知らずに雪印の牛乳は体内に取り入れてしまっているのだろうけど。

不二家のアップルパイもとてもおいしいと思うし、食べた後はティーカップになるプリンだって好きだ。マロンモンブランだって美味だし、ハートピーナッツチョコレートは毎日だって食べたいくらいに思う。

今回の騒動後、販売再開してから果たして私は不二家製品を買うのだろうか?うーん、悩む。雪印の時は、猛烈な怒りと共に即刻不買を宣言できたけれど、今回は好きなだけに不買はしないかもしれない。でも、腐った企業の体質は、TOPが入れ替わったところで、なかなか正常化しないというのも多数の企業で仕事をして十分認知している。

食べたい!でも食べるの怖い・・・

ペコちゃんよ、舌だしている場合ではないぞ!

 

« 愚痴をこぼしたい夜 | トップページ | 見返りを求めない男の友情 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愚痴をこぼしたい夜 | トップページ | 見返りを求めない男の友情 »