« 独占欲と嫉妬 | トップページ | 声を聞かせて »

2007年3月 7日 (水)

愛のエネルギーチャージ

愛しい人とたくさん話をした翌日の私は、機嫌がいい♪(*^_^*)

やっと自分のエネルギーチャージができたので、愛しい人に「エネルギーチャージができました(ハート)」とメールしたらその夜、電話がかかってきました。

過去にもこのコラムで書きましたが、男性は自分でエネルギーを取り入れることがなかなかできないので、女性からチャージしてもらうのです。そして、それは誰でもいいわけではなく、チャージさせてあげられる人とそうではない人がいるのです。そういう面からも一夫多妻というのが生まれたのかもしれませんね。

愛しい人にとって私からのエネルギーチャージは、きっと必要不可欠!まぁ、私は勝手にそう思っています(笑)

それにはこちらもエネルギーをチャージできていないといけないわけで、それができていないとやはり、うまくいかないことが多くなります。

認められたい、褒められたい気持ちって誰にだってあるし、それを心を許している相手に求めることは決して悪いことではないと思います。むしろ、我慢して何も言えない男性の方が、よっぽど病んでいます。我慢ってよくないことです。エネルギーが滞ってしまいます。

吐き出すべき時に、吐き出す!これが大事だと思うのです。

仕事のグチや弱音は吐かないという男性も多いですが、いつも私はこのコラムで言うように、疲れた時には「疲れた」と言って欲しい。そして、それを言えるような状況や間柄でいたいと思っています。スポーツや趣味でそれを忘れることはできたとしても、根本的な解決にはなっていないのです。

「話す」ことで、癒されることがどれだけあるか。
とかく男性は、黙して→寝て→忘れるということをするようですが、言葉にして初めてわかることも多々あります。なぜなら、言葉にするというのは自分で理解してからでないと人に伝えることができないからです。今、どうしたいのか?何が不満で何がイライラの原因なのか?それを知るためには話すことが必要不可欠だと思うのです。

私は愛しい人のそんな心のオアシスでありたいと思うのです。

« 独占欲と嫉妬 | トップページ | 声を聞かせて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 独占欲と嫉妬 | トップページ | 声を聞かせて »