« 放った矢 | トップページ | 睡魔と闘う日々 »

2007年4月 7日 (土)

傷心

傷ついた心の友に、今は何を言っても彼女の心の傷が癒されることはないだろう。
「大丈夫、大丈夫」と言ったところで、「大丈夫な証拠」なんてどこにもないのだ。

ただ、二人の学びが終わったこと。。。

でも、それを彼女が理解できるようになるには、まだまだ時間が必要である。

学びが終わる・・・それを知っている私とて、実際にその立場になったら心は乱れ荒れ狂う。

だから、今はただただ、心の声を聞くだけしかできない。
話せば少しずつ、自分で気づかなかった心の声がほんの少しでもわかる瞬間がある。

流せる涙があるのなら、流してごらん。

心を浄化させるには、涙は必需品でもあるのだから。

彼女が彼と出会って、多くのことをお互いに学んだ。
ただただ、それだけでいいのだ。

これから先の人生を一緒に歩けないのが、今はどんなに辛くても、必ずそれでよかったのだと心穏やかとなる日がやってくることがくることを、私は知っている。

« 放った矢 | トップページ | 睡魔と闘う日々 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放った矢 | トップページ | 睡魔と闘う日々 »