« 天国からのKiss | トップページ | わんちゃんの病気 4 »

2009年8月11日 (火)

あるがまま

「愛する」ということは、相手のあるがままを全てを愛するということです。

相手が自分にこうしてくれたら、愛せるというのは、相手を心底愛しているとは言えません。

「彼がここを直してくれたら、一生愛するのに」とか「彼女がこうであってくれたらもっと愛せるのに」というのは、本当に相手のことを愛しているとは言えません。

恋愛はギブアンドテイクだという人もいますが、そこには本当の意味での「愛」ではありません。

愛するというのは、無条件で相手の全てを受け入れることです。

人間ですから、長所もあれば短所もあります。

それはお互いさまです。

相手のいい所だけを愛するのではなくて、悪い所もその人なのですから、それも含めて愛することです。

私達は、相手にこうなってほしい、変わってもらいたいことばかりを言ってしまいますが、相手に変わってもらいたければ、まずは自分が変わることです。

自分の言葉遣いや行動、しぐさを省みることも時には大切です。

あなたがパートナーを好きになった時と、パートナーは何も変わってはいないのです。

あるがままを好きでいたはずなのに、いつしか時間の経過と共にあなた自身があるままを受け入れず、パートナーに望んでばかりになってしまっていることが多々あります。

「当たり前」と思っていることが、本当はとても幸せなことだったりします。

もう一度、「あるがまま」の相手を愛してみましょう。

わんわんチャネリング・天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディングについては↓
ALOHA ANGELのHP

 

« 天国からのKiss | トップページ | わんちゃんの病気 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天国からのKiss | トップページ | わんちゃんの病気 4 »