« パワーストーン 05 | トップページ | わんわんチャネリングのその後 »

2009年8月28日 (金)

魂の叫び

誰でも自分が持っていないモノを持っている人を羨ましく思ったりします。

「ないものねだり」というやつです。

それは物質だけでなく、容姿や性格、パートナー、子供、友人、そしてその人の持つオーラまでも羨ましいと思ってしまうことがあります。

一見華やかで何の不自由もないように見える人であっても、必ず闇の部分は持っています。

人は誰でも光と闇の両面を持っているのです。

人生において何かに悩む時期は、この闇の部分がクローズアップされています。

しかし、闇から逃れることはできません。

ある時、初対面の方に「あなたのその笑顔には、隠された苦労があるよね」と言われたことがありました。

一瞬にして見抜かれた私は、初対面であるにも係わらずその人に幼少期の頃からの「闇」の部分をポロポロと涙を流しなから話すことになりました。

今生での過去や過去生(前世)において、私達が選択ミスをした問題は、輪廻転生を繰り返しながらいつかの時代でその問題をクリアにしていく必要があります。

それが今生での「闇」の部分です。

「闇」を引っ張り出して、向き合うことは決して容易なことでも楽しいことでもありません。

でも、ヒーリングによってその「闇」に焦点を合わせることで、ひとつずつ問題をクリアにしていくことができます。

私はクライアントさんへのメッセージに「ご自分の心の声」と表現することがありますが、これは言い換えると「魂の叫び」となります。

自分の魂の叫びは、自分でそれを受け取り、愛と光に包んであげなくてはなりません。

自分の問題を他者のせいにするのではなく、自分の魂と向き合うチャンスだと思って、愛に換えていくようにできれば、「闇」がひとつ解決していくはずです。

どうしようもなく寂寥感に苛まれた時は、自分の両手で自分を抱きしめてあげてください。

「こんなに私はあなたのことが好きよ」と自分を愛してあげてください。

それがヒーリングです。
 

わんわんチャネリング・天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディングについては↓
ALOHA ANGELのHP
 

 

« パワーストーン 05 | トップページ | わんわんチャネリングのその後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーストーン 05 | トップページ | わんわんチャネリングのその後 »