« 夏の思い出 | トップページ | 青森からのお便り »

2009年9月 1日 (火)

16歳のシーズー

家の近所にいつもお父さんと夜、お散歩しているシーズーがいます。

私が声をかけてもスタスタとしらんぷりで歩いているそのシーズーは、

お父さんによると、16歳でもう耳が聞こえないみたいだと言っていました。

犬も耳が遠くなるんだということを、その時知りました。

毛艶もよくて、いつも綺麗にブラッシングしてもらっていて、16歳のシニアには見えません。

確かにリードをぐいぐいと引っ張って歩いてはいませんが、いつもお父さんの前を歩いています。

わんちゃんのお誕生日をお祝いするのは嬉しい反面、また一つ歳をとってしまったな、もうこれ以上歳をとらないで欲しいと思われる方が多いと聞きます。

16歳でも元気にお散歩しているわんちゃんもいますから、あと何年一緒にいられるのだろうかと気を揉むのではなく、一日一日を大切に接してあげてくださいね。

人間は、歯が無くなってしまえば差し歯や入れ歯を入れることができます。

でも、わんちゃんは差し歯も入れ歯もできません。飼い主さんがデンタルケアをしっかりしてあげて、いつまでもご飯が食べられるようにしてあげたいですね。

シーズー君が、17歳のお誕生日も元気に迎えられますように♪
 

わんわんチャネリング・天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディングについては↓
ALOHA ANGELのHP

 
 

« 夏の思い出 | トップページ | 青森からのお便り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の思い出 | トップページ | 青森からのお便り »