« 素敵な言葉 | トップページ | 移ろいゆく季節の中で »

2009年9月24日 (木)

あなたなら大丈夫

エンジェルカードリーディングでは、その結果に強制や強要はしないと一言添えます。

これは、わんわんチャネリングの結果でも同じことが言えます。

私がそれぞれのわんちゃんのハイヤーセルフ(大いなる自己)と繋がって、

チャネリングして感じたり見たりしたことは、ごくごく一部にすぎません。

私が感じとれなかった部分は、毎日わんちゃんと接している飼い主さんが一番よくわかっていらっしゃるはずです。

2009_09_beaetu  

バトー君の飼い主であるYさんからは、わんわんチャネリングの前に3つの質問を受け取っていました。

バトー君には、お医者様から「よく気づきましたね」と言われるレベル、

軽度の膝蓋骨外方脱臼という疾患があります。

バトー君自身は、おそらくまだ痛くもなんともないようだとのことでした。

Yさんからの質問の3つ目に、

「アジリティを続けて足が悪くなっても後悔しないか」聞きたいとありました。

これに関しては、バトー君ではなくYさん自身への質問だと思った私は、わんわんチャネリングではあえて、バトー君には聞きませんでした。

もちろん、軽度ではあっても膝蓋骨外方脱臼と診断されていますし、お医者様も膝にはあまりお勧めできないとの見解です。

私もアジリティで膝に負担がかかることは、病気のグレードをあげてしまうことにもなるのでないかとお勧めはできないと思います。

そして何よりも、もしもバトー君の膝が悪化してしまった場合、痛い思いをしたり、手術しなければならなくなった時に、一番後悔するのはYさんご自身だということがわかるからです。

そちらの方が心配です。

でも、今も様子を見ながら、そして迷いながらアジリティを続けています。

バトー君も楽しそうにアジリティをしているからです。

それはそれでいいのです。

私はバトー君とお会いしていませんチャネリングしただけです、

毎日バトー君を見てお医者様にも驚かれるくらいの足の違和感を感じたのはYさんです。

それだけバトー君をしっかりと見ているのですから。。。

Yさんなら引き際は迷わず、あっさりと引くことでしょう。
 

バトー君、Yさん記事とお写真掲載のご承諾ありがとうございました。

どうぞ時間がある時には、バトー君の足に手を当てて、 

「ネガティブを抜く」をやってみてくださいね。

それが飼い主さんができる愛犬へのヒーリングです。

バトー君のブログはこちら→ 別館・我要的幸福
 

わんわんチャネリング天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディングについては↓

ALOHA ANGELのHP

  

« 素敵な言葉 | トップページ | 移ろいゆく季節の中で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵な言葉 | トップページ | 移ろいゆく季節の中で »