« 天使がささやいた | トップページ | あなたが守りたいものとは? »

2009年10月22日 (木)

捨てる神あれば拾う神あり

「申し訳ありませんでした」

深々と頭を下げながら、このまま土下座した方がいいのかな?と思った。

都心のインテリジェントビルのロビー、

当時20代の私が土下座したところで、目の前にいる男性に逆に恥をかかせることになるのでやめておいた。

数日後・・・

私はそのC社長から出入り禁止を言い渡された。

謝って許してもらえることもあれば、

どんなに謝っても許してもらえないこともある。

C社長の会社を出入り禁止になっても、それまでに営業していた別の会社からは、仕事の依頼が少しずつ舞い込むようになっていた。

数ヵ月後・・・

広告代理店の担当者から直接私に仕事の依頼の電話がかかってきた。

「ありがとうございます。今まで通り、Cさんの会社を通して頂けないでしょうか?

でも今、出入り禁止なんです・・・(苦笑)」

広告業界は、私のような末端の会社が制作会社を挟まずに広告代理店から直接仕事を受注されることを嫌う。

中には制作会社の許可を得ず、クライアントさんとご挨拶や名刺交換をすることも「仁義に反する」とひどく怒られたことがある。

その為、今まで依頼を受けていた制作会社を飛び越しての仕事の依頼は仁義に背くことになる。

「あはは・・・(笑) そのCさん、今うちの会社から出入り禁止喰らってるよ」

広告代理店は書類を右から左へ流しただけで、当時は約2割~5割のマージンを乗せてクライアントさんに請求するのが仕事ともいえる。

担当者が直接私に仕事を依頼したのは、その中間搾取を節約したかったともいえる。

その後、広告代理店に書類を届けた際、

アシスタントの女性が「◎◎さん、Cさんがお見えになっています」

「あっそう。今、手が離せないって言っといて・・・」

C社長の出入り禁止はまだ解かれていなかった。

今は広告業界とは全く縁がない仕事をしているけれど、

秋のイベントシーズンが到来すると、数年に一度あの日のことが思い出される。

 

« 天使がささやいた | トップページ | あなたが守りたいものとは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天使がささやいた | トップページ | あなたが守りたいものとは? »