« サプライズ | トップページ | 必要とされること »

2009年10月27日 (火)

打ち明けること

相手が言いたくないことは、あえて聞かない。

これは私がヒーラーという仕事をしているからではなく、

若い頃から人と接する時には自然とそうしていました。

これ以上は今は言いたくないんだな、そう感じることは誰にでもあるはずです。

それは、相手と私の親しさの距離もありますが、それだけではありません。

どんなに親しい友人であっても、いえ、親しい友人であるからこそ言えない、言いたくないこともあるものです。

逆に初対面やそれに近い人であっても、なぜかこの人には話してしまいたいと、思う時もあります。

だから、相手が言いたくないと思っていることは、私はあえて聞きだそうとは思いません。

相談でもそうです。

詳しくは言えないけど、聞いてもらいたい。

そう相手が思うのであれば、詳しいことがわからなくても、

疑問に思うことがあったとしても、話しを聞きます。

相手が言える範囲のことに対してだけ、答えてあげればいいのだと思うのです。

相手だって全てを話しているわけではないから、申し訳ないなという気持ちを持ちつつ話しているのです。

だったら、話してくれたことだけに誠実に耳を傾けて、自分の考えなり、想いを伝えてあげるのがいいのではないかな?と思うのです。

あまりにも人の心にズカズカと土足で踏みこんでいる人を見ると、

相手はそこまで入りこんで欲しいとは思っていないのでは・・・

そんな風に見える時があります。

言いたくなさそうだと感じたら、あえて聞かない、聞き出そうとしない。

いつか話したくなる時が来れば、その時にお話を聞いてあげればいいのではないでしょうか。

 

« サプライズ | トップページ | 必要とされること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サプライズ | トップページ | 必要とされること »