« ビッグアイランド | トップページ | 願いを叶える「感謝します」 »

2009年11月19日 (木)

つらい時こそ「ありがとう」

数年前に友人がある講演会の内容を筆録したものを送ってくれました。

タイトルは『ツキを呼ぶ魔法の言葉』、数日前に開かずの引き出しを整理していたら出てきました。

調度読みたいなと思っていたところだったのです。

私の友人のところに「これ読んでみて」と言われて回ってきたもので、

それを私にもコピーして送ってくれたのでした。

きっと彼女はその時の私に必要だと思って送ってくれたのだと思います。

私も何人かの友人にコピーして渡した記憶があります。

すでに書籍にもなっているので、読んだことがある方もいらっしゃると思います。

五日市剛氏の講演会の内容です。

彼が大学院生の頃、イスラエルを旅した時に出会った不思議なおばあさんから教えてもらった言葉です。

それによると、「ツキを呼び込む魔法の言葉があるのよ。これさえ唱えていれば、誰でもツキっ放しになるわよ」

「その言葉は、二つあって、一つは“ありがとう”、もう一つは“感謝します”」

とても簡単な言葉ですよね。

この言葉の使い分けは、

「もちろん、どんな時でも自由に使っていい言葉なんだけど。そうねぇ・・・ある状況にこれらの言葉を使い分けたら効果的かもね。

“ありがとう”という言葉は、、、そうね、何か嫌なことがあった時に使ったらどうかな。例えば、朝寝坊しちゃって、“わぁ~、学校に遅刻する!”とか、“会社に遅れる!”なんて時、イライラするでしょ。そんな時、“イライラさせて頂き、ありがとう”と言うの。

車を運転中、事故っちゃった、そんな時も“ありがとう”

五日市さん、あなたの親が亡くなっても、、、歯を食いしばって“ありがとう”と言うのよ。どうしてかというとね、イヤなことが起こるとイヤなことを考えるでしょう。そうするとね、またイヤなことが起こるの。

不幸は重なるというけれど、それは間違いなくこの世の法則なのよ。だけど、そこで“ありがとう”と言うとね、その不幸の鎖が断ち切られちゃうのよ。それだけではなく、逆に良いことが起こっちゃうの。“災い転じて福となす”という言葉があるでしょう。どんな不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。絶対にね。

だから、“ありがとう”という言葉はね、魔法の言葉なのよ」

“ありがとう”を漢字で書くと「有り難う」となります。

難が有る時に、“有り難う”なんですね。

 
これを読んだ時に、私はこんな風に思いました。

親が亡くなった時、最愛の人が亡くなった時、可愛い動物が亡くなった時に果たして“ありがとう”なんて言えるでしょうか?

でも、このイスラエルのおばあさんが言うように、そういう危機的状況の時こそ、歯を食いしばって“ありがとう”とつぶやくことで、マイナス(負)の連鎖を断ち切ることができるのだと思います。

私もこの魔法の言葉はだまされたと思って、つらい状況に陥った時には“ありがとうございます”とつぶやくことにしています。

結果ですか?(*^_^*)

ええ、本当に魔法の言葉だと思いますよ。

今、つらい状況にいらっしゃる方、悲しい気持ちの方、どうぞだまされたと思って“ありがとう”と言ってみてください。

必ず一筋の光りがやがて見えてくるはずです。

そして、今、楽しく生きている方も頭の片隅に置いておいてくださいね。

きっといつかあなたのお役にたつことがあると思います。

 
*著作権の問題があることは重々承知しておりますが、どうしても今日、私がこのコラムを読んでくださっている方にお伝えしたいメッセージだったので、一部を抜粋して記載いたしました。

コラムを最期まで読んでくださった皆様、ありがとうございます。

 

« ビッグアイランド | トップページ | 願いを叶える「感謝します」 »

コメント

はじめまして
有り難いとは、なかなか遭遇しない貴重な体験ですが、すべてを有り難いとは、受け取れないのが凡夫でしょう。
次から次へと押し寄せる試練も人間修行を乗り越えるために与えられたもの、逃げ隠れはできません。
しかし、凡人は不幸を有り難いとはとても思えない。
その試練を乗り越えて初めて感謝し「ありがとう」と言えるでしょう。
試練の段階でありがとうと言えるのは、とても心強い方ですね。
菩薩様のような方です。
感動をいただきました、ありがとうございました。

エスプリさん、コメントありがとうございます。
私も今生で「学び」の最中の身です。
この記事に書いたような大切な人の「死」に直面したら、すぐに「ありがとう」などとは口にできないことでしょう。
でも、嫌なことやつらい時には、
「神様は自分に乗り越えられる試練しか与えない」と思って、
歯を食いしばって「ありがとうございます」と言うようにしています。
そうすることで、状況が変化したことがたくさんあるからです。
何よりも経験が実証してくれているんですよね。

先日は、ペットリーディングありがとうございました。

早速拝見しました。
なるほど、自分で断ち切るのですね~負を!
どんな状況も楽しくなってきますね☆

イライラ、悲しい、苦しい、悔しいって感情は
ありがたいものなんですね
なんか楽しくなってきました(^o^)

今日、愛犬が退院しました。ジュディさんのお話のおかげで、みんなニコニコで最期をむかえられそうです☆

ありがとうございます

ちゃんと待っていてくれましたね。
本当に良かったです。
気持ちを少しだけチャンジすることで、
負の状況を受け入れて流すことができるのだと思います。
最期はご家族皆様に抱かれて虹の橋を渡ることがわんちゃんにとって幸せなことだと思います。
でも、もう少し頑張ってくれそうですね。
つらい時なのにコメントありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビッグアイランド | トップページ | 願いを叶える「感謝します」 »