« 悲しみの後に | トップページ | 癒しのチカラ »

2009年12月16日 (水)

わんこご飯とミラクル

5月にわんわんチャネリングを受けてくださったプーのすけ君(通称:プー君)は、愛情たっぷりのわんこご飯を作ってもらってモリモリ食べています。

ご家族がカレーの日は、じゃがいも人参、お肉をプー君用に茹でてもらったり、さんまやわかさぎ、ブロッコリー、お芋、時にはお母ちゃんとステーキを半分こしてもらったり、私の食事よりもよっぽどプー君の方がたくさんの栄養素を摂っています。

お母ちゃんいわく、「栄養学的にはどうかわかりませんが、愛情だけはたっぷりです!」

ある日のプー君のディナー♪ → http://yaplog.jp/poohnotogetoge/archive/1040

愛情がなければわんちゃんにお金をかけることはできません。

でも、決してお金では買えないのが「愛情」です。

わんこご飯を手づくりされている方は他にもたくさんいらっしゃいます、皆さん調理に惜しみなく時間をかけていることに、愛を感じます。

 

お母ちゃんは仕事もされていますし、お嬢様がお里帰りをしていたので大忙しの毎日でした。

そんな中、プー君の目に異変を感じたのが11月のことでした。

すぐに病院に連れて行くと「緑内障」と診断されました。

失明の怖れもあったのですが、異変から1日半というタイムリミットに間に合ったおかげで失明の心配もなくなりました。

それだけでもホッとしましたが、今日はもっと嬉しい報告が届きました♪

緑内障の症状が全くなくなったのです!

病院の院長先生によると「僕が診て来た中で2頭目だよ。ラッキーだったね!3頭目は10年後かな~俺はその頃もう獣医やめてるだろうな~」とおっしゃっていたそうです。

お母ちゃんいわく、「人気のある動物病院で何万頭という犬猫を診てきた先生が、そうおっしゃってくださったことに嬉し泣きしそうでした」

プー君の緑内障が治ったことは、「奇跡」に近いのかもしれません。

プー君、良かったね。ご家族も本当に良かったと喜んでいらっしゃることでしょう。

 

11月にお嬢様(ねえちゃん)がご出産され、末っ子で甘えん坊のプー君もお兄ちゃんになりました。

出産前はねえちゃんに抱っこ抱っこのプー君で、赤ちゃんが生まれたらヤキモチを妬くのでは?と心配していましたが、赤ちゃんをクンクンしていつもそばにいてくれました。

ミルクの匂いにつられて、ミルクの時間は特にそばを離れなかったようです。

2009_12pooh02  

そんなねえちゃんと赤ちゃんは、今日お宮参りをしてそのままご自宅に帰るそうです。

ちょっぴり淋しくなるけど、来年のお正月はまたにぎやかになることでしょう。

プー君、赤ちゃんの子守りお疲れ様でした(*^_^*)

歳の瀬に嬉しい報告をありがとうございました。

 
この記事と写真はクライアント様のご承諾を全て頂いて掲載しております。

 
*関連記事*

関西弁のわんちゃん

チャネリング POOHの心の声 前編

チャネリング POOHの心の声 後編

 

 わんわんチャネリング天国からのわんわんメッセージ
 エンジェルカードリーディングについては↓
 
 ALOHA ANGELのHP

 

« 悲しみの後に | トップページ | 癒しのチカラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悲しみの後に | トップページ | 癒しのチカラ »