« 目に見えないもの | トップページ | 幸せになるために »

2010年1月14日 (木)

メッセージの受け取り方

人を誉めたり、賞賛したりすることはいいことです。

でも、「誉め言葉」も度が過ぎれば、ただの「お世辞」になってしまいます。

「お世辞」だとわかっていても、嬉しいと思うこともあります。

しかし、その「お世辞」も度が過ぎれば、今度は「嫌味」ととられてしまうこともあります。

人と人がおつきあいしていく中で、この加減が難しいところです。

 

私は自分がチャネリングやヒーリングを受ける時は、素直な気持ちで受けるようにしています。

チャネラーやヒーラーに対する先入観を持たないようにしています。

その人にチャネリングやヒーリングを依頼したのは自分(私)だから。

自分がその人を選んだのですから、批判的な気持ちで受け取るのは違うと思うからです。

一人のチャネラーやヒーラーが言ったことが全てではありません。

同じものを見たり、感じたりしても人によって表現の仕方は違います。

だから出た結果に、強要も強制される必要もありません。

チャネラーやヒーラーは、自分を苦しめる為や悲しい思いをさせる為にメッセージを伝えてくれているわけではないのですから・・・

どんな結果であれ、そこには「気づき」があるはずです。

これは、私がクライアントさんをチャネリングやヒーリングをする時にも同じことが言えます。

せっかくのチャネリングやヒーリングなのですから、素直な気持ちでメッセージを受け取ってくださる方に、私が今できる最高のことをしてさしあげたいと思っています。

それが「チャネリング」や「ヒーリング」ができる能力を持つことができた者の使命だと思うからです。

 
今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング
わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ↓

 ALOHA ANGELのHP

 

« 目に見えないもの | トップページ | 幸せになるために »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目に見えないもの | トップページ | 幸せになるために »