« 伝えるべき言葉 | トップページ | 5%の人に目を向けることなかれ »

2010年2月24日 (水)

告白-自分を愛するとは

自分のことを愛していますか?

今日書かなければ、きっとまた書きそびれてしまうだろうと思います。。。だから、今日は私の心の中のことを書きます。

スピリチュアルな本を読んだり、話しを聞いたことがある方なら、他者を愛する前に、まず「自分を愛すること」が大事だという言葉をご存知でしょう。

自分を愛せない人は、他者からも愛されないともいいます。

私もこの言葉はエンジェルカードリーディングやヒーリングの時に使います。

残念ながら、私自身は自分のことを愛せていません(>_<)

先日、二瓶誠子さんのクリスタルヒーリングを受けてきました。

自分を内観することは容易なことではありません。ヒーリングを受ければ心が楽になり、それに伴って身体も楽になることは何度も受けたことがあるのでよくわかっています。でも、自分で自分の心を開いて心の奥底にしまいこんでいるものを引っ張り出して、それに光を当てるというのは、時につらいこともあります。

自分のハートを開いて少しづつ、「なぜ自分を愛せないのか?」「愛せない根底には何があるのか?」を探っていきます。

私の場合は、自分に自信がないことが自分で自分を愛せない、一番の理由です。

ひとことで「自信」といっても、性格や容姿や仕事・・・そういう類のものではありません。

私は結婚も離婚も経験しています。これはこのコラムでは今まで一度も書いたことはありませんし、HPのプロフィールでも公表していません。クライアント様の一部の方々には、私と同じような経験をされ、悩んでいる方には必要だと判断した時にはお話してきました。また、このコラムやHPを知っている友人、知人のほとんどは知っていますが、以前の仕事関係の人は知らない人もたくさんいます。

なぜ元同僚や知人に言わなかったのかといえば、余計な詮索をされたくないから・・・というのが一番の理由です。

昨今、離婚することは珍しいことでもなく、皆さんの周りにも離婚歴のある方はいらっしゃるでしょう。私自身、今まで一度でも「離婚しなきゃ良かった」と思ったことはありません。これは見栄でも何でもなくて、離婚して良かったと心の底からそう思っていますし、後悔したこともありません。

これは私だけでなく、クライアント様や友人で離婚している人は、みな同様に同じことを言っていました。

誠子さんのクリスタルヒーリングを受けながら私はこんなことをお話しました、「私には追い目に感じているものがあります。それは二度の離婚です。バツ1ならいいけれど、再婚したのにまた離婚したこと・・・人生の落伍者のように思われるのが嫌で、自分自身では全く後悔もしていないし、本当に離婚して良かったと思っているけれど、どこかでそれを追い目に感じていて、自信がもてません・・・」

「いいじゃない、二度離婚したって。立派だと思うわよ。自信もって私はバツ2です!って言えばいいのよ」

彼女は、明るく笑い飛ばしてくれました。それは、決して私をバカにしているのでもなくて、心からそう思っているから言ってくれたのだと感じました。

「私、自分のHPでもコラムでも離婚していることは書かないようにしているんです」そう言う私に誠子さんは、「二度の離婚を経て・・・って書けばいいのよ」と微笑みながら言ってくれました。

そして、「その方がよっぽど依頼が来ると思うわよ(笑) 私はあなたのピュアなところ好きだけどな」と言ってくれました。

自分の殻を破ることは、勇気がいります。でも、コラムで告白しようと思ったのは、「変わりたい」と思ったからです。

これから私は自分を愛したいし、自分を大切にしたいと思います。

それは今まで、あまりにも相手を思うあまり、自分で自分の気持ちを抑えつけてきてしまったからです。それが、爆発してどうしようもない気持ちになり、初めて自分を愛してあげていないことに気づき、そして、自分を愛することが今の私にとって一番大切なことだとわかったからです。

クリスタルヒーリングを受けながら、今までの等身大の自分を目の前にして、「よく頑張ってきたね」「もう我慢しなくていいのよ」と労わり、やさしく抱きしめてあげました。

こんなこと、わざわざコラムに書かなくてもいいのにね(^_-)-☆
私が自分の中だけで宣言すればいいことですよね。でも、もう解放してあげたくなったのです・・・今より少しだけ自分に自信をもたせてあげたくなったのです。

だから私は、「結婚したい」という気持ちも「離婚したい」という気持ちもよーくわかりますよ(*^_^*)

支離滅裂な文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

« 伝えるべき言葉 | トップページ | 5%の人に目を向けることなかれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伝えるべき言葉 | トップページ | 5%の人に目を向けることなかれ »