« 言葉にできなくて | トップページ | 伝えるべき言葉 »

2010年2月22日 (月)

ココロの自然治癒力

人にとっては「なんでそんなことで悩むの?」と言われることでも、本人にとってはそれが最大の悩みであり、どうしようもない焦燥感に苛(さいな)まれていることがあります。

一歩だけ下がって、今悩んでいる自分をもう一人の自分が客観的に見つめることができればいいのですが、渦中にいる時はそんなココロの余裕もなくできません。

私は悩んだ時に「これが友達の相談だったら、私はきっとこう言うだろうな」と第三者的な思考で分析できる時もありますが、それはまだまだ自分のココロに余裕がある時であって、ココロに余裕がない時はそれすらもできません。

ただ、まだ起こってもいない未来のことをあれこれ想像し、それを一人で勝手に悩み、不安に思って過ごすのは、心にも身体にもよくないことは誰でもわかっていることでしょう。

私達のココロは、思っている以上にタフです(*^_^*)

もうどうしようもない・・・一日に何時間も悩んだり、夜も眠れなくなったり、何日も時には何ヶ月もの間、悩んだとしてもいつかは「これじゃいけない。もう悩むのはやめよう」と気づく時がきます。言い方を換えると自分のココロに気づかされる時が来るのです。

それは、ココロの自然治癒力が働くのだと私は思います。

誰だって悩みたくないし、不安になりたくないです。

でも、その不安を作っているのは自分自身でしかないのですよね。

それに気づくことが早ければ早い人ほど、ココロの自然治癒力が高いのでしょう。

「あるがままを受け入れる」簡単なようでいて難しい。

悩みや不安は何か事が起こって、「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と考えてしまうのですが、一年前のことは過去だと誰でも認められるのに、昨日のことや10分前のことも過去なのだと思えない人が多いです。

昨日のこともたとえ10分前に電話で話したことも全ては過去のこと。過去は消せません。時計の針を戻してもう一度その時に戻すことは誰にもできません。

それなら、過去の出来事にあれこれ自分で脚色して、「悩み」や「不安」の種にしてしまうのではなく、「こういうことが起こったんだ」とあるがままを受け入れてみる。

今、私はそのことを嫌なこと、悲しいこと、悔しいことだと思っているけれど、もしかしたらこれを機に良い方向に風向きが変わるのかもしれない!そう思えれば、悩むこともなくなるのです。

悩みだしたり、不安に思ったら、その思考を少しの間だけストップさせてみましょう。

焦って答えをだしたところで、それが最善の答えではないこともあなたは今までの経験でわかっているのですから。

その問題(場所)から自ら立ち去り距離をおく、そして時間が過ぎるのを待ちましょう。

楽しいことやポジティブなことを考えられない時だってあります。その時はそれでいいのです、無理して考えなくていいのです。悩んでいるあなたや不安に思っているあなたに必要なのは、そのことを考えないことなのですから・・・

あなたのココロの自然治癒力を信じてみましょう♪

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP
  

« 言葉にできなくて | トップページ | 伝えるべき言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉にできなくて | トップページ | 伝えるべき言葉 »