« 心の糸のほどき方 | トップページ | 3歳になったのよ »

2010年3月23日 (火)

インナーチャイルド

私が瞑想する時や、深い睡眠をしたい時、心のコリをほぐしたい時に必ず聴くCDがあります。
“GAIA SYMPHONYⅡ 地球交響曲 ガイアシンフォニー第二番 サウンドトラック”

何枚かヒーリング音楽のCDは持っていますが、このCDは私にとって特別な一枚です。

初めてヒーリングを受けた時に流れていたCDで、それから何度もヒーリング中や瞑想の時に聴いていたので、この音楽を聴くとすぐに条件反射のように心と身体の緊張が取れ、リラックスしていくのがわかります。

仰向けに寝て、目をつぶって深呼吸を繰り返すと、ハートからじわじわと全身に白い光が広がっていくのを感じます。

私たちは不安や悩みの原因を他者のせいにしてしまいがちです。会社や仕事、親や兄弟姉妹、パートナー、友人・・・誰かのせいにしてしまった方が、自分のせいにするよりも楽だからでしょう。

でも本当の原因は自分のなかにあるのです。

だから、瞑想して内観することで一番癒さなくてはいけないものが何なのかがわかることもあります。

私は母親に小学生の頃に言われた言葉がとても重く、ショックでもありました。そのことを誰にも言えないまま大人になってしまった私のインナーチャイルドは、傷つき癒されることなくその言葉を忘れようとしてきましたが、忘れられないくらいに重い言葉でした。それを人に打ち明けられたのはずっと大人になってからのことでした。

大人になってからも母親が私の前でした行動や言葉で、私の心が深く傷ついたことがあり、「お母さんはいつも私を苦しめる言葉を言う」と心の中で叫んでいるインナーチャイルドがいます。

年老いた母にやさしい言葉をかけてあげることができず、母が亡くなって私はきっともっとやさしくしてあげるべきだったと後悔するのだろうな、とそこまでわかっているのにそれでもできずにいます。

瞑想しながら、「小さい頃から悩んでばかりいたね。今までよく頑張ってきたね。あんなことも、こんなこともあったよね。死んでしまいたいと思ったこともあったけど、どうにか生かされていて、今がある。だから、大丈夫だよ。もう誰もあなたを傷つけることはないから・・・」そんなことを思いながら、インナーチャイルドを抱きしめてあげました。

母親を許すことができなくても、「母親を許せないと思う自分を許すこと」はできます。

インナーチャイルドを癒すのは、一度や二度では無理でしょう。だからこれからは、時々自分で自分のインナーチャイルドを癒してあげていこうと思います。

このコラムを読んでいるあなたがもし子育てをしているお母さんなら、子供に向って言っていいことと言ってはいけない言葉をよく考えてくださいね。

あなたが幼稚園や学校の先生、塾の先生、習い事の教室の先生でも同じです。

あなたが何気なく言ったひと言であっても、子供は深く傷つき、そしてそれを大人になっても忘れられずにいることもあるのですから。

幼児虐待や性的暴行をされた子供は、もっともっと深い心の傷を負っていると思います。私の心の傷など比べものにならないくらいの心の痛みを感じていることでしょう。そういうつらい体験をした人も自分のインナーチャイルドをやさしく抱きしめてあげてくださいね。

誰か(他者)を憎んだり、責めたりして許すことができなくても、「憎んだり責めてしまう自分を許してあげること」ならできるはずです。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

« 心の糸のほどき方 | トップページ | 3歳になったのよ »