« 不思議なこと | トップページ | 幸せは比べるものではない »

2010年3月 3日 (水)

言葉

言葉は受け取り方によって、傷つくこともあれば、励まされることもあります。

こちらはやさしい言葉をかけたと思っていても、相手にはきつい言葉に感じてしまうこともあります。

それは、受け取った人がその時の自分の心のフィルターを通してしまうからです。

受け取り手は、“どうしてこの人はこんなことを言うのだろう?”と、相手の言葉の真意を追究するのではなく、そのままの言葉を受け取るようにすればいいのです。

誰もあなたを傷つけようとして言ったはずではないのです。

誰もあなたを茶化そうと思って言ったわけではないのです。

言葉を受け取った時に、自分の心のフィルターに感情を入れてしまうから、「傷つけられた」となるのです。

言った側は、伝えられなかったもどかしさを悔やむよりも、“この人は今はこんな受け取り方をしたんだな”そう思うだけでいいのです。

同じ言葉を言われたとしても、その時の気持ちで言葉の受け取り方は違ってきます。

人と人がやりとりする手段として、私たちに与えられた「言葉」をもっともっと大切にすべきなのだと思います。

怖がっていては何も始まらない!自分の気持ちを伝えてこそ、そこから何かが始まります。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP
 

« 不思議なこと | トップページ | 幸せは比べるものではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議なこと | トップページ | 幸せは比べるものではない »