« 伸ばした手 | トップページ | 心のささえ »

2010年3月13日 (土)

失うことの怖れ

もし自分には「仕事運」がない、「友達運」がない、「金運」がない、「恋愛運」がないと感じていたとしたら、それは、あなたが「仕事」「友達」「お金」「恋人」を失うことを怖れているからです。

失うことを怖れると、私たちはそれを必死に守ろうとしがみつきます。

これが「執着」です。

執着することがよくないことだというのは、あなたは知っていますよね。

失うことを怖れず、「いつでも手放せる」くらいに思えれば「運」は良い方向にめぐっていくことでしょう。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

 

« 伸ばした手 | トップページ | 心のささえ »

コメント

「運がない」とあきらめたら、抜け出られないでしょうね。
「軽く、そんなものなのだと」明らかにして行く。
「生きることは次々と捨てて行くこと」でしょうか。
「生きる意欲」の欲、「命に執着する」執着は欠かせない。
「過ぎたる、欲・執着が人の心を苦しめる」のかも。
「運は果報」人のために好ましいと思う心が行動を起こし、
結果、恵みや見返りを求めない愛となって「運」が開けるのかも。

どんなことでもあきらめたら、そこで終わってしまい、その先に進めないのだと思います。
人生は赤塚不二夫さんの言葉「これでいいのだ」と思って進んでいくのが、結局のところ一番生きやすい生き方ができるのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伸ばした手 | トップページ | 心のささえ »