« 御巣鷹山 | トップページ | やさしさって »

2010年8月15日 (日)

はじめてのスイカ

またひとつ、小さな命が救われました。

飼っていた犬を虐待したり、捨ててしまう人がたくさんいる中で、その失われそうな命を多くの人が助けてくれているのも事実です。

綺麗にトリミングとブラッシングをしてもらったわんちゃんの写真を見ていたら、その子が新しいパパとママに「ありがとう」と言っている心の声が聞こえてきました。

種を取って、小さくカットしてもらったスイカを美味しそうに食べていました。

その子にとってスイカを食べたのは、きっとはじめてのことだったでしょう。

「あのね、ボク、スイカ食べたんだよ。甘くて美味しかったよ~」

その子がちょっと自慢げに私に話してくれました。

何度も暑い夏は乗り越えてきたけれど、今年の夏は一生忘れられない夏になることだと思います。

その飼い主さんから、あるわんちゃんの里親になろうかどうしようか?迷っているとメールを頂いたのは数ヶ月前のことでした。

すでに飼っているわんちゃんもいるので、悩んでいらっしゃいましたが、私にはその時に“きっとこのわんちゃんは、このご夫婦のところにくるのだろうな”と感じました。

望んだからといって里親になれるとは限りませんが、いくつかの条件もクリアして、やさしいご夫婦のところで育てられることになりました。

見えないご縁の糸はこの時すでに繋がっていたのでしょう。

今はすっかり甘えることも覚えて、やさしいお兄ちゃん犬とも仲良く元気に暮らしています。

半年先か一年先になるかわかりませんが、この子のわんわんチャネリングをした時に、「あのスイカ美味しかったでしょう?」と聞いてみたいと思います。

今回はあえてわんちゃんのお名前もお写真も掲載しません。
どうぞみなさんが想像してみてください。
美味しそうにはじめてのスイカを食べている姿を・・・(*^_^*)

このわんちゃんを保護してくださった方、一時預かりをしてお世話してくださった方、そして、新しいパパとママに心から「ありがとうございます」と言いたいと思います。
 

*この記事は飼い主様のご了承を全て頂いて掲載しております。

« 御巣鷹山 | トップページ | やさしさって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御巣鷹山 | トップページ | やさしさって »