« 下着の色 | トップページ | 御礼は2回言う »

2010年11月21日 (日)

パワーストーン 浄化方法

パワーストーンシリーズを楽しみにしてくださっている方も多いですが、今日はパワーストーンの浄化方法についてご紹介したいと思います。

2010_11powerstone_04
(↑ベランダにマットを敷いて、パワーストーンを並べます)

せっかくパワーストーンを持っていても、「浄化」をしていないと、パワーストーンにどんどん悪いエネルギーが溜まってしまいます。

これを浄化することで、良いエネルギーがパワーストーンに入りやすくなります。

月に1回はパワーストンを浄化しましょう!と言っていますが、これは最低月1回は浄化してくださいということで、週に1回でももちろんかまいません。

室内の浄化のためにパワーストーンを置いている場合は、月に1回程度。アクセサリーやストラップなど、邪気を吸収しやすいものについては、週1~月1回くらい。

パワーストーンをチャクラに置いて、瞑想したり、クリスタルヒーリングを行った場合はその都度浄化が必要です。

アクセサリーやストラップは、人にたくさん会った日や人込みに行った日、ネガティブな話を聞いたり、話したりした時、イライラしたり、不安や焦りがあった時、また自分や家族がケガや病気をした時には、回数や満月に関係なくその都度浄化してください。

パワーストーンがあなた自身を守ってくれたり、あなたへの負のオーラを除去してくれたり、癒してくれた時は、パワーストーンも疲れてしまっていますから浄化が必要です。

浄化したからといって、あなたがパワーストーンを初めて手にした時にプログラミングしたことが無くなってしまうわけではありません。

また、一大事のようなことがあった場合は、パワーストーンに感謝して、浄化した後、しばらく休ませてあげてください。

悪いエネルギーをパワーストーンから除去して、さらに良いエネルギーをチャージするのが浄化の目的です。

浄化には「ゼロ浄化」と「チャージ浄化」の2種類があります。

パワーストーンが吸収してくれた悪いエネルギーを抜くことを「ゼロ浄化」。

良いエネルギーを足すことを、「チャージ浄化」。

この二つの浄化は、ほとんどの方法において混在しているため、どちらか片方のみという方法はほとんどありません。

次に、パワーストーンの浄化方法ですが、これにはいくつかの方法があります。

・月光浴
・ホワイトセージで燻(いぶ)す(煙で燻すことをスマッジングといいます)
・水晶のクラスターの上に置く
・流水で洗う
・日光浴
・塩による浄化
 
どのパワーストーンにも適しているのが、月光浴とホワイトセージ(ドライハーブ)で燻す、水晶のクラスターの上に置く(この場合はブレスレットやアクセサリー、小さいタンブル状のもの)方法があります。

月光浴は満月の日、もしくはその前日が適していると言われていますが、満月の日に浄化できないこともありますし、私は満月の前後1~2日くらいはOKだと解釈しています。

もし満月の日に曇っていても、雲の向こうにはお月様はいますから、浄化して大丈夫です。

時間は満月の光に10~20分、もしくは1~2時間と本によって記述はまちまちです。その後、やわらかい布で拭いてください。

私の場合は、面倒なので翌朝取り込みます(苦笑)

ホワイトセージ(ドライハーブ)で燻すのは、簡単にできる浄化方法です。

ホワイトセージの葉に火をつけ、煙がでてきたらその煙で燻します。パワーストーンに煙を当てるといったイメージです。

長い時間やる必要はありません、もうこれくらいでいいなとあなたが感じたらそれで大丈夫です。(私は数十秒程度行っています、あまり長い時間ホワイトセージを焚いているとお部屋の中が臭くなりますので、注意してくださいね)

終わった後は、やわらかい布で拭いてください。火の始末には十分注意してください。

水晶のクラスターをお持ちの方は、その上に置いて浄化する方法もとても簡単です。

私は夜はブレスレットをクラスターの上に置いておきます。

以上がどんなパワーストーンにも適した浄化方法です。

流水で浄化する場合は、水を細めに流して5~10分くらい行います。水道水で十分です。その後、やわらかい布で水気を十分に拭いてください。

私はざるや小さい洗濯ネットに入れたり、小さめの器に入れて水で洗います。こうすることで万が一、小さいパワーストーンを流してしまうことを防げます。

クラスターや大きいパワーストーンの場合はそのまま流水を流せばいいでしょう。

パワーストーンの中には水に適しないものもありますので、自分のパワーストーンが水に濡らしても大丈夫なのかどうかは、購入したお店で聞いてください。

金具やロンデル(飾り金具)、ワイヤーを使ったブレスレット等には水での浄化はできません。

ALOHA ANGELのオリジナル・パワースーンブレスレットは、全てシリコンゴムを使用して作っています。

これは付け外しが楽なこともありますが、ロンデルを使ったブレスレットは、最初は輝いていてとても綺麗ですが、しばらくすると、金具部分はどうしてもメッキが剥がれてきたり、ロンデルに付いているスワロフスキーが取れてしまうことがあります。

これはビーズを習っていた私の経験上、金具の短所といえます。

パワーストーンは大事に付けていれば、何年も使えるのに、金具付きだとどうしても消耗年数が限られてしまいます。その為、ALOHA ANGELでは金具は一切使用しておりません。

次に日光による浄化方法ですが、日光に当てるとエネルギーをチャージできるイメージがありますし、もちろんパワーストーンの中にはその方法で浄化とエネルギーチャージができるものもあります。

太陽に2~3時間当てる。

しかし、中には日光により変色してしまうパワーストーンもありますので注意が必要です。

塩による浄化方法は、お皿や少し深さのある器に天然塩を入れ、その上にパワーストーンを置く、塩に埋める、塩を溶かした水の中に入れる方法があります。

いずれも1日たったら取り出して、水で綺麗に塩を取り除き、その後やわらかい布で拭いてください。

水・塩ともに大丈夫なパワーストーンなら綺麗な海での浄化もいいと思います。

ブレスレットの場合は、穴やゴムに塩分がこびり付くことがありますので、十分洗い流してください。

パワーストーンは、あなたの願いを叶えるために力を発揮してくれ、ネガティブなエネルギーを寄せつけず、瞑想のサポートをしてくれたりします。

時々、浄化してしっかり休ませてあげないと、疲れが溜まってしまいパワーストーン本来の力を発揮することができません。

パワーストーンに癒されたら、今度はあなたが石に感謝とねぎらいの気持ちを持って、癒してあげてください、それが浄化です。
 

*余談ですが、、、私は「今日は疲れたなぁ~」と思う日は、パワーストーンもマイナスのエネルギーを吸収してくれているので、帰宅後、ホワイトセージで燻して、クラスターの上に置いておきます。これは連続して行う時もあります。

また、パソコンの上にも小さなクラスターやタンブル状のパワーストーンを置いてありますので、こちらは頻繁にホワイトセージで浄化しています。

私の個人的な浄化方法ですが、ハワイでは海で全てのパワーストーンを浄化させます。これは、水に向かない石も塩に向かない石も全て自己責任で海で浄化させます。

私にとってハワイの海が何よりもパワースポットであり、浄化とエネルギーチャージができる最高の場所だと感じるからです。

もちろん、それによって光沢がなくなってしまうこともあるでしょうし、変色してしまうこともありますが、そのリスクを背負っても浄化してしまいます。

他にはパワースポット、たとえば神社に行った時にも手洗い水でパワーストーンもお清めします。

あくまでもこれらの方法は、私個人の方法であり自己責任で行っています、これによりパワーストーンが変化しても責任は負えません。

・パワーストーン 28

*参考文献*
二瓶誠子著 幸運を引き寄せるパワーストーン(新星出版)
豊原匠志著 天然石パワーストーン組み合わせバイブル(河出書房新社)

*お知らせ*
11月22日(火)は、お休みさせて頂きます。メール返信も翌日以降とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
 

« 下着の色 | トップページ | 御礼は2回言う »

コメント

良いことを知りました。

ありがとうございます。

私はゴールドの含有量が多いラピスラズリと水晶のブレスをひと月前からしております。

数ある石のなかから、何故だかこれに引かれてしまいました。

満月による浄化を試してみますね。

いつも本当に勉強になります。

石への感謝のみではなくて、きちんと浄化いたします。

それにしても今月の満月は私もつらいです。

流れに逆らわないよう、穏やかに過ごしますね。

JUDYさんもお体には気をつけて、お過ごしくださいませ。

いつも記事のアップが楽しみでなりません。

ゆう子ママさん、コメントありがとうございます。
ラピスラズリを持っているのですね。
ラピスはもろいので、水・塩・日光を避けてくださいね。

ラピスラズリを持った人は、状況が変化したとおっしゃる方が多いです。
めまぐるしい状況の変化についていくのがやっとだったけれど、過ぎてしまえばその全てが自分にとって必要なことだったと・・・

ゆう子ママも、今回の満月はきついですか。。。
年末までは、どんな状況になっても流れに逆らわず、泰然自若でいてくださいね。
それが幸せに導いてくれる唯一の方法です。

温かいコメントをいつもありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下着の色 | トップページ | 御礼は2回言う »