« パワーストーン 33 | トップページ | 変えられないものと変えられるもの »

2011年1月25日 (火)

コピーとお茶くみ

「お茶くみ」なんて言葉はもう死語なのかもしれませんね。

私がOLだった頃は、コピーとお茶くみと社内便の発送がメインの仕事と言っても過言ではないくらいでした。

もちろんメールなんてなかった時代ですから、今のOLの方が仕事量は、うーんと多いと思います。

入社して一番初めに覚えたことは、部署の人の顔と名前とカップの絵柄でした。朝と3時にお茶当番がそれぞれの好みのコーヒーや紅茶、お茶を入れて配るのです。

部長や課長のところにお客さんが来てもお茶を出します。お客さんといっても社外の人よりも断然、別の部署の人がほとんどなのに、わざわざ自分の仕事の手を止めて、お茶をだします。

当たり前のことと思っていたので、不思議と面倒くさいと思ったことはありませんでした。

コピーも毎日毎日、何でこんなに資料ばかり営業所に送らなきゃならないんだ!ってくらいの量を送っていました。

会議用のテーブルをいくつも並べて、そこにコピーしたものを置いて、順番に取ってホッチキス止めをする・・・

毎日そんなことをしていたら、そりゃあコピーだって資料のホチキス止めだって早くなるってもんです(笑)

もちろん他にも業務はやっていましたが、昨日も今日も、そして明日もまたコピーとお茶くみの生活に嫌気がさして転職したわけですが、今になって思うのは、そういう下積みをしたことは私の人生においてプラスになっているなと思います。

社内便の封筒の宛名を書くのが間に合わなくて、副課長にそれを頼んだ・・・というよりも私が「やらせた」のですが、後にも先にも「副課長に社内便の封筒の宛名を書かせたのは、○○さんくらいのもんだ!」と言われたものでした(笑)

別の仕事で「JUDYさんってコピーとるの早いよね」と言われたことがありましたが、そりゃあ、年季が違うってもんです(笑)

今、あなたがしている仕事を「こんな仕事」って思ってやっていたら、それは実につまらない仕事になってしまいます。

どんなに嫌な仕事であっても、それを楽しんじゃうくらいの気持ちでやれば、必ずいつか報われる時がきます。

コピーをとるのが早くても何の取り得にもなりませんが、コピー1枚綺麗にとれないやつに大きな仕事はできない!と私は思います(*^_^*)v

コピー用紙で手を切ると、すごーく痛いですよねぇ~。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

« パワーストーン 33 | トップページ | 変えられないものと変えられるもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーストーン 33 | トップページ | 変えられないものと変えられるもの »