« 満月のグリッド | トップページ | ルナちゃん15歳♪ »

2011年2月18日 (金)

切ない恋に酔いしれて

今日は満月ですが、今回の満月はここ数ヶ月のうちで一番、心が穏やかだったように感じますが、皆様はいかがでしたか?

このコラムへ「婚外恋愛」というキーワードで検索して、来てくださっている方もたくさんいらっしゃいます。

『不倫』というと何となくドロドロしているイメージなので、「婚外恋愛」と表現しているのですが、残念ながらやっていることは同じです。

20代の独身女性が、既婚者の男性に恋に堕ちるのは、既婚男性の方が独身男性よりも落ち着いて見えるというのもあります。

また、年齢の離れた男性を好きになる女性は、ファザコンである人が多いようにも思います。

これは知人・友人を見ての私なりの統計によるものです。

幼い頃に父親を亡くしたり、離別した女性は、どこか男性に父親像を追い求めるのではないかと思います。

20代の独身女性で既婚者と恋愛関係にある人は、ほとんどがこの恋愛にはいつか終わりが来ることも、報われない恋であることも知っています。

相手の妻子に対して、悪いことをしているという気持ちを持ちつつも、埋められない心の隙間をどうしても既婚男性に求めてしまうのでしょう。

私の友人は、「好きになる相手はいつも既婚者ばかり。多分、そういう人に好かれるオーラを自ら出しているのだと思う」と自己分析していました。

どこかでこういうハッピーエンドで終われない恋愛をしてしまうことに、ピリオドをつけないといつまでたっても、同じことの繰り返しで、大事な時期を逃してしまうことになりかねません。

30代の独身女性で、既婚者と恋愛関係にある人は、どこかで『結婚』したくない自分に気付いている人が多いように感じます。

結婚に夢や憧れがないわけではないけれど、いざ現実になると結婚したくない・・・だから、あえて結婚できない相手を選んでしまっているというパターンです。

30代~40代で既婚女性の場合、これは2パターンに分かれると思います。

夫の職業、収入等には全く問題がないけれど、何か物足りない!刺激が欲しい、もう一度若い頃のような「恋愛」がしてみたい、というちょっとわがままで贅沢な欲求を満たしたい人。

もう一つは、夫も何もかも捨てても不倫相手と結婚したい!と自己破滅型の人。この場合は、バレたらバレたでその時はその時だ!みたいな気持ちになって、開き直ってしまう人が多いようです。

あえて『不倫』という言葉をつかうと、不倫の結末って決して綺麗なものではありません。

人間の憎悪や見なくてもいいものを見てしまったり、それこそドロドロの泥沼です。何ヶ月も離婚訴訟を行って離婚したら、さらに別のことで、元夫に訴えられたという友人もいます。

不倫している人の多くは、「たまたま好きになった人に奥さんがいただけ」と言いますが、本当はその時点で、身をひくのがいいんですよね。

でも、それができないのが『不倫』なのでしょう。

秘密を持っている自分に酔いしれてしまったり、誕生日に会えなかったり、クリスマスに会えなかったり、決して身につける物をプレゼントできなかったり、旅行に行けなかったり・・・そういう不自由さ、切なさに恋して燃え上がってしまうのでしょう。

相手の妻子に憎まれて、恨まれて略奪したとしても、それで本当に幸せになれるのかというと、そうではない人が多いのもまた現実です。

妻子と離婚して、不倫相手と再婚する男性って、そんなに多くはないと思うのだけど。

人のものを盗ったら、盗られる!そう思っていないと、いつか大きなしっぺ返しがくることも・・・(>_<)

私は不倫を肯定も否定もしません。でも、みんなから祝福される恋愛をしてもらいたいなと思います。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

« 満月のグリッド | トップページ | ルナちゃん15歳♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 満月のグリッド | トップページ | ルナちゃん15歳♪ »