« 買い占め | トップページ | あなたに届くまで »

2011年3月16日 (水)

義務感

3月11日(金)は、実際に大地震を経験した人も、地震がなかった場所にいた人も、何が起こったのかを把握するのに必死だったと思います。

地震直後のテレビを私は観ていませんが、きっと各局どこも臨時ニュースになったのではないかと思います。

時間が過ぎていくなかで、少しずつその状況がわかっていきました。

テレビ画面から流れる映像は、まさに事実は小説よりも奇なりで、津波の映像はまるでCGを観ているかのようにすら感じました。

翌日から私たちは、どこで、何が起こったのかを知ることになります。

そして、被災地以外の人は、「今、自分に何ができるか」を考えるようになったと思います。

原発の爆発により、特に関東の人は今、自分たちにできることは、まず「節電」だと節電を心がけました。

それ以外の人も、節電、寄付、献血・・・と、常に今、自分に何ができるのかを自問自答していることでしょう。

祈ることもそうです。ボランティアに出掛ける人もいるでしょう。

親戚や友人の安否確認ができない人は、ひとときも心が休まらない状態だと思います。

大きな余震が続き、睡眠が浅くなっています。

私も自分が今、すべきことは何なのかを、いつも考えています。

新聞やブログで読んだこと、書きたいことはたくさんあるのに、なぜかパソコンの前に座ると、その全てを書くことができません。

それは「リラックス」ができていないからです。

この大震災が治まり、復興の兆しが見えるまでには、相当の時間がかかると思います。長期戦になることを、覚悟しなければいけないのだと思います。

ただでさえ、広範囲に渡る大地震と津波の被害なのに、それに加えて原発の問題があります。

きっと誰もが「自分は温かい部屋で食事をしたり、お風呂に入れるけど、避難所の人々は・・・」といつも頭のどこかにあることでしょう。

だから、何かしなきゃいけないと義務感のようなものが芽生えてしまいます。

節電をしても、寄付をしても、献血をしても、それは自己満足でしかないと感じて、ちっとも満足ができない、つまりはリラックスができないのです。

ある人は家族のために、子供のために、食料や水を買いに走ることを義務だと思ってやっているかもしれません。買い占めることはよくないことだけど、「足りなくなったらどうしよう」という気持ちを抑えることは、他の人に言われてもできないでしょう。

「停電になったらどうするの?」「断水になったらどうするの?」「ガソリンがなくて車が動かなくなったらどうするの?」と、どれだけ買い漁っても充足感は満たされないでしょう。

長期戦になるでしょうと書きましたが、今こそ、いつもどおりの生活をする、心掛けるのが大切な時だと私は感じました。

都心に通勤している人は、普段でも通勤ラッシュで大変なのに、朝にならなければ電車の運行状況がわからず、いつもの何倍もの通勤時間がかかり、ストレスも溜まってきていることでしょう。

こんな時だから誰も文句や不平不満を言いません。「もっとつらい人が大勢いるのだから」と皆、口に出さないのです。

だからこそ、自分でも気づかないうちにストレスはどんどん溜まっていきます。

今、自分にできることは何か?を考えることもいいですが、その何かしなきゃいけないという義務感は、取り除いてください。

元気なこちらの人までダウンしてしまっては、どうしようもありません。

誰かを励ましたり、応援する時には、まず自分が元気な笑顔でなければできません。

その為には、どうぞ心と身体のリフレッシュを心掛けてください。

ニュース番組以外を観たらいけないなどと思う必要はありません。DVDを借りてきて観たっていいじゃないですか!スポーツジムに行ったっていいじゃないですか。

自分が癒されていなければ、人を癒すことはできません。

おやすみなさい。。。

« 買い占め | トップページ | あなたに届くまで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い占め | トップページ | あなたに届くまで »