« あなたに届くまで | トップページ | 祈りのグリッド »

2011年3月18日 (金)

地球の叫び

おはようござます。先週の金曜日も今日と同じくらい、いいお天気でした。

しかし、状況は全く違います。

石原都知事が、この大震災を「天罰」だと発言し翌日謝罪しましたが、「天罰」だというのなら、それは日本国民全員に対してでしょうし、私はむしろ日本と日本国民に対する「警告」であり、これは世界中の人への「地球の叫び」なのではないかと思います。

2週間位前だったでしょうか、千葉で、イルカが何頭も浜に打ち上げられたとニュースでやっていましたが、後付けですが、これもイルカが何かをキャッチしていたのではないかと思います。

地球の叫びをキャッチしたイルカが、人間に教えに来てくれたのではないかと今さらながら思います。

北極や南極の氷河が溶けて、大地が見えているといわれても、実際にそれを見ていないので、遠い世界の話のように思っていた人も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。

日本で生まれ、育ち、ひいては東京で生まれ、育った私にとって、電車は深夜まで動いているもので、たとえ終電に間に合わなくても、タクシーで帰ることができる。

コンビニが7-11(セブンイレブン)で、朝7時から夜11時まで営業していることですら、当初は画期的なことだったのが、今やコンビニは24時間営業が当たり前で、レンタルCDショップも、マクドナルドですら24時間、営業しているお店があるほどです。

電気があるのは当たり前で、蛇口をひねれば水が出てくるのも当たり前の世の中で、朝のラッシュ時には、6分も電車の時間があいていれば、もっと本数増やせばいいのにとも思ったことがありました。

便利になり過ぎた中で、電気がどのようにして作られているのかなど知ろうともせず、電気を使い放題でいたのは、私たち日本国民なのだと思います。

その中でも特に東京は、日本のどの地域よりも便利であり、電力消費量はNo.1です。

使い過ぎていた電力を、今、節電することは当たり前のことであり、電力不足によって首都圏の電車の本数が削減され、麻痺してしまうことも、耐えなければならないのでしょう。

「もっと大変な思いをしている人がたくさんいるから・・・」とみんな我慢をしているけれど、これも長期的になれば、ストレスも体力の限界もくるはずです。

福島からこれだけ離れていても、放射能は怖いです。

揺れはそのうち治まるでしょうし、電気も使えるようになるでしょう。

でも、放射能は目に見えないものだから、正直怖いです。これが本音です。

 

*今日はこの後、今週のグリッドもアップする予定です。

 

« あなたに届くまで | トップページ | 祈りのグリッド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたに届くまで | トップページ | 祈りのグリッド »