« 大地震を経験したわんちゃん、ネコちゃんへ | トップページ | 義務感 »

2011年3月15日 (火)

買い占め

昨日も今日も家の近くの幹線道路は、渋滞しています。

いつもはこんなに渋滞していないのに、ガソリンスタンドの給油を待つ列が、何十メートルにもわたって続いていました。

「自分の身は自分で守るしかない」と一昨日の記事に書きましたが、それは水や食料、ガソリン、電池、トイレットペーパー、ホカロンを買い占めることではありません。

スーパーやホームセンターからは、水、お米、カップラーメンが品切れで、もののみごとに棚にはひとつもありませんでした。

東京以外でもこういう現象が起きているのでしょうか?

原発の爆発以降、デマや間違った情報のチェーンメールが流れたせいで、人々が危機感から買い占めをしているのでしょうか。

どんなにパンが好きな人だとしても、パンを1ヶ月食べなかったとしても死にません。

なぜ被災地でパンが必要なのか!?

それはパンなら調理をしなくてすむからです。袋のまま配って、そのまま食べられるからです。ある程度は日持ちもするからです。

被災地優先で当たり前です。ちょっと考えればすぐにわかることです。

しかも、日本全土が被災したわけではありません。西日本にもたくさんの工場があって、そこで作ったものを、輸送できる体制が整えば、私たちも今までどおり食べられるはずです。

その証拠に、コンビニに行ったら、おにぎりやサンドイッチ、お弁当、火を使わずに食べられるそばやうどんは、売っていました。

計画停電のための買いだめなら、たかだが3時間程度です。

そんなに食料や電池を買いだめする必要はないと思うのですが・・・

何人家族で、何十日分の水と食料を買っているのだろう?と思う量の物をカゴに入れている人も見かけました。

ドラッグストアでは、「ホカロンは1家族5点まで」と書いてありましたが、3時間の停電で暖房器具が使えなかったとしても、1~2枚多く着込めばすむことです。

食べられる時にはダイエットをして、こういう時に山ほど食料を買い込むのって、なんか違いませんか?

皆さん、落ち着いて行動しましょうよ!

« 大地震を経験したわんちゃん、ネコちゃんへ | トップページ | 義務感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大地震を経験したわんちゃん、ネコちゃんへ | トップページ | 義務感 »