« 出会いと別れ | トップページ | ホワイトデーのグリッド »

2011年3月 9日 (水)

テレビ

テレビは、ニュースも流してくれるし、明日のお天気も教えてくれる。

自分の知らないこと、今、流行っているもの、健康に関する事や、料理のレシピ・・・

しかし、何といってもテレビは娯楽であって、楽しむものだと私は思っています。

くだらないと眉をひそめる人がいたって、そういう批判やら非難がある番組を観て、あはは!と笑うことも必要なんじゃないかと思います。

そこから、それを良し悪しを決めてチョイスするのは、自分の責任です。

時々、そういう娯楽番組の中でも、ハッとするような心に残る言葉と出会えることもあります。

話はそれますが、最近は、『水無昭善』(みずなし しょうぜん)さんの言葉が心に沁みます。

まだご存知ない方のために、水無昭善さんとは、真言宗の本山である高野山で修行を積んだ高僧。15歳で仏門に入り、その後修行を積み、23歳で密教の最高位阿闍梨(あじゃり)になった方です。現在は祥炎山不動院(岩手県)の住職。オネエ系のお坊さんとしてテレビに出演。

テレビでは面白、おかしく話しているけれど、どれも本質を見抜いた言葉だと感じます。

思わずテレビを観ながら「やっぱりお坊さんだね~。すごいねぇ」と言葉にでてしまいました。

人は誰しも、ギリギリの崖っぷちに立った時に「どうしよう?」と思うわけで、うまくいっている時に次のこと、その次のことまで考えている人が成功するのだと・・・

うーん(ーー;)納得ですね。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

 

« 出会いと別れ | トップページ | ホワイトデーのグリッド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いと別れ | トップページ | ホワイトデーのグリッド »