« 朝からアラーム | トップページ | 総理大臣になるということ »

2011年4月23日 (土)

季節は廻る

人は、天災や事故で愛する人を亡くしたり、ショックなことがあったりすると、月日が流れてもその時の季節のままでいたりします。

ソメイヨシノが終わり、八重桜が満開の時季になりました。

2011_0420  

今年の春の訪れはゆっくりでしたが、若葉もでてきて、季節は人の心とは裏腹に廻ってきているのですね。

悪いことは起こらない方がいいに決まっていますが、まだこれからマグニチュード7以上の余震が起きるとも言われています。

それにまだまだ原発問題も目が離せないのに、私の周りではもうそういう話をする人がいなくなっているのも現実です。

もっとそういうことを語れる人がほしいなぁと思います。

空気も、食物も、水も安全だと信じ込まされているだけではないのかしら?と思います。

自分が口にするモノは、自分が納得して買って食べるべきだと、私は思っています。

安全だと出荷制限が解除されても、まだ自分の中でもう少しは警戒しておこうと感じたなら、買わない、食べないというのも、アリだと思います。

いちごもなんとな~く、『さがほのか(佐賀県)』『あまおう(福岡県)』のものを買ってしまいます。

うん、なんとな~くね(^_-)-☆

 

« 朝からアラーム | トップページ | 総理大臣になるということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝からアラーム | トップページ | 総理大臣になるということ »