« 気づきのグリッド | トップページ | めまい »

2011年6月 5日 (日)

最近読んだ本

夜になって、台風かと思うほどの激しい雨が降っている東京です。

雨が降ると大地震で地盤がゆるんだ地域の、土砂災害や家が心配になります。

大事なことは「菅おろし」ではなくて、まずは被災地の方々が一日も早く安心して眠れるようにすること、ライフラインの復興だと思うのですが・・・

今日は最近読んだ本について・・・

映画の宣伝で気になって読んだのが、「八日目の蝉 角田光代著 中公文庫」です。

読んでいるうちに、現実にあったある事件を思い出しました。

もちろん小説はフィクションですが、現実にあった事件では、OLが社内不倫して、中絶を強いられ、不倫相手の家に留守中に上がりこみ、家に火をつけ、寝ていた子供2人が焼死したという事件です。(日野OL不倫放火殺人

当時、その事件はあまりにも衝撃的だったのと、自宅を放火され、子供を殺害され、被害者であるはずの不倫相手(夫)なのに、気の毒にとは心底思えない後味の悪い思いがありました。

その事件に酷似しているのと、新興宗教に入信して全財産を教団に捧げ、共同生活をするといった某有名宗教の事件や、他にもいくつかの実際にあった事件をおりまぜた感じがしました。

思いっきり泣くというよりは、じわりじわりと涙がこぼれました。

これは小説なんだから、この主人公も実在しないし、映画で井上真央さん演じるところの誘拐された女の子も実在していないんだから・・・と自分にいいきかせました。

不倫した人がみんな、放火や殺人といった事件を起こすわけではないけれど、中絶しなければいけなくなって、自分の身体壊して、心もズタズタになる人が多いです。

たまたま好きになった人に奥さんがいただけ・・・と言いますが、妻帯者との恋愛はリスクも大きいってことだけは知っていてほしいです。

それで、今はガラリと変わって「原発のウソ 小出裕章著 扶桑社新書」を読んでいます。

書店を3軒回ってやっと買えました。

原発のことを書いた本ですが、素人にもわかりやすく書かれているので、読み易いです。

電力不足で大停電になったら困るから節電するのではなく、エコだ、エコだと叫ばれているから節電しなければならないのでもなく、原子力に頼らなくてもいい生活に戻す為に、あまりにも便利すぎる生活を見直すべき時が来たのではないかと思います。

楽観視する傾向になってきていますが、3月10日までの生活スタイルに戻すことは不可能で、まだまだこの問題は終わりそうにないのですよね。

国民の代表であるはずの国会議員が、こんなに国難の時に、銀座のおねーちゃんと不倫して、国会議員宿舎に連れ込むってどうなっているんでしょうね?

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

  

« 気づきのグリッド | トップページ | めまい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気づきのグリッド | トップページ | めまい »