« 短気は損気 | トップページ | 満月の影響 »

2011年7月11日 (月)

4ヶ月目の警戒

3.11から今日で4ヶ月目ですね。あらためて、お亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りいたします。また、今もまだ行方不明の方々の御魂(みたま)が、ご家族の元に帰ることができますように。

昨日(7/10)は、三陸沖深さ10kmを震源とするM7.1、最大震度4の地震がありました。3.11以降、初めての津波も観測されました。(3.11の余震だそうです)

マグニチュードが7.1と大きかったわりに、震度4で、しかも津波も小さく、大きな被害がでなくて本当に良かったです。

それでも、被災地で津波警報が鳴り響き、あの時を思い出してしまった方もたくさんいらしたことでしょう。

私には地震を予知する能力はありません。

だから、いろいろな地震予測を書いてくれているブログをいくつか読んで、参考にしています。

また、Yahoo!の地震情報も毎日チェックしています。

これは、予報ではなく地震の結果ですが、これを毎日数回見ていますと、なんとなく地震の規則?がわかってきます。(携帯からもチェックできます)

ずっと震源地だった場所が、ある時を境にピタっと地震がないと、あれ?なんでないんだろう?と思うと、次にグラっと大きめがきたりしています。(これ以外にもありますが)

私なりの解釈の仕方ですが、今日は茨城県沖を震源とする地震に、とりあえず要注意しておこうと思います。

それから、7/9の11:06の千葉県東方沖の地震を最後に、千葉を震源地とする地震がないのも、ちょっと(いや、かなり)気になっています。

もちろん、福島や宮城、三陸沖も今までどおり要注意ではあります。(この記事を書いている最中にも福島県浜通りで最大震度4の地震が発生:7/11 09:12

それを言ってしまうと、もう全部が要注意箇所になってしまいますよね(>_<)

3.11と違うのは、この暑さです。出掛ける時は熱中症対策もありますが、必ず水を携帯して行きましょう。

水とわずかな食料(パンでもビスケット、飴でも)さえ、あれば、「飢えの恐怖」は無くなります。

あの日、私は水とパン、少しのお菓子を持っていました。だから、何かあったらこれを食べれば大丈夫!と思えました。一つでも不安材料が無くなれば、安心できます。

3月の時は歩けても、この暑さの中、歩いて帰宅できないということも頭の中に入れておくべきでしょう。

警戒心が薄れつつあるからこそ、もう一度各自が、災害に対する心構えを忘れずにいましょう!

大丈夫!もうあれほどの地震や津波はこないとみんなが願えば。

*この記事は不安を煽るために書いているわけではありません。また、地震予測をしているわけでもありません。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

 

« 短気は損気 | トップページ | 満月の影響 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 短気は損気 | トップページ | 満月の影響 »