« 心が乾いたら | トップページ | 短気は損気 »

2011年7月 9日 (土)

ハワイアンファブリックを探して

昨日は、少し曇っていたので、家にいてうだうだしているよりも出かけた方がいいかな?と思って、日暮里まで行ってきました。

東京にはいくつかの問屋街といわれる町があります。

食器や調理道具なら、有名な合羽橋、ビーズやスワロフスキー、人形などだと浅草橋、そして、布などの繊維類だと日暮里繊維街があります。

いつもパワーストーンを置いている、ピンクのランチョンマットも飽きてきたし、ハワイの本を読んでいたら、ハワイアンファブリックが欲しくなって、日暮里繊維街へ行ってみました。

ネットで調べたら、JR日暮里駅から次の鶯谷駅までの間に、お店が点在しているのだとか。

長年東京に住んでいますが、日暮里駅で降りたのはこれが二度目です。

ビーズや編み物は好きですが、お裁縫は、からしきダメで、直線縫いオンリー。

それでも布を見たら、作りもしないのに買っちゃいそうだったので、行く前から「買ってもせいぜい2種類まで」と決めておりました(汗)

だって、それくらいの決心で行かないと、とんでもないことになりますからね(>_<)

駅にほど近いハワイアンファブリックを置いてあるお店に入ったのですが、種類が少ないのと、こんな感じ♪と思っていた布がなかったので、別のお店へ。

どこに行ったらハワイアンファブリックがあるのかも、よくわからないので、比較的大きなお店に入ったら、お目宛の布に出会えました。

ハワイアンファブリックは、ちょっと間違えると安っぽい感じや子供っぽい柄になってしまいますので、難しいです。

2011_0709_01_2 

画像だとわかりにくいですが、右側が淡いクリーム色の地に白色のモンステラとプルメリアの模様、これくらい薄くないと、パワーストーンが映えないですからね。

せっかく来たのだからと、もう一種類買ってきました。左側のもモンステラとプルメリア、なぜか同じような柄をチョイスしてしまいました。

カーテンがピンク色の柄ですから、あまり柄が強いとマッチしません。パワーストーンを置いてみると、こんな感じになりました↓

2011_0709_02

やはりカーテンは、無地に限るのかもしれませんが、これはこれでお部屋がぱぁーっと明るくなったので、良しとしましょう。

もっと探せばハワイアンファブリック専門店もあったのかもしれませんが、どこのお店も節電合戦しているかのごとく、店内が暑くて、これ以上お店を探す気になれず日暮里繊維街散策はこれにて終了。

*「鶯谷」って読めましたか?「うぐいすだに」と呼びます。繊維街もありますが、いわゆるピンク街でもあり、私はダーティーなイメージの駅です(余談)

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

 

« 心が乾いたら | トップページ | 短気は損気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心が乾いたら | トップページ | 短気は損気 »