« 七夕のグリッド | トップページ | ハワイアンファブリックを探して »

2011年7月 8日 (金)

心が乾いたら

肌の水分や油分が失われると、肌がカサカサしてしまいます。

それを放っておくと、ちょっとやそっとでは修復できなくなってしまいます。

だから、毎日のケアが大切になってくるわけですね。

心も同じです。。。

心の中がカラカラに乾いてしまったら、どんなに水を与えても、どんなに栄養を与えても、すぐには回復してくれません。

幸せな人は意地悪をしない」と、私は思っています。

逆を言うと、「意地悪をするのは、幸せじゃないから」と言えます。

会社でも、近所でも、サークルでも、友達でもいますでしょ?寄れば誰かの悪口、噂話しかしない人。

心が荒れ果ててしまうと、自分ではもうどうにも制御不能な状態に陥ることがあります。

それは、いつも自分の心を見つめることをしていないからです。

自分の心と正面から向き合っていれば、「あっ、ちょっと人をねたんでいるな」とか「隣の芝生って青くみえるんだよな」と気づきます。

そして、そこで自分の心が乾き始めていることを知り、こんなことじゃイカン!と、栄養を与えてあげようとします。

しかし、自分の心と向き合うことを恐れたり、見て見ぬ振り、気づかないでいると、幸せそうな人のことが気になって、気になって仕方なくなります(本人は気づいていませんが)

そして、ちょっと気に入らないことや、ささいなことで、攻撃を始めます。

そうなったらおしまいです(ーー;)

心が荒れたり、すさんだり、乾いたりすることは、誰にだってあります。

でも、そうなってしまうには自分の中にも原因があるはずです。

誰かのせいにしてしまうのは、とても簡単なことです。

でも、それは一時の逃げ場でしかありません。

自分の心の乾きは、自分で時間と手間をかけて、修復してあげなければなりません。

その方法も人それぞれ。

誰かの噂をしたくなったら、言いたくなる自分の心を向き合ってみてください。

誰かに意地悪をされたら、相手は今、幸せじゃないんだなと思ってください。

わんわんチャネリング、天国からのわんわんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング

 ALOHA ANGELのHP

 

« 七夕のグリッド | トップページ | ハワイアンファブリックを探して »

コメント

いつもJUDYさんに心を読まれているかのような、シンクロニシティのようなものを感じます。

裏切りのようなものを感じていました。

苦しい日々でした。

でもこの記事を読んで素直に自分は幸せなのだと思う事ができました。

感染されたが如く、私も嫌な人間になってしまうところでした。

危うい……。

助けて頂きました。

いつもありがとうございます。

ゆう子ママさん、こんばんは。

自分の気持ちを言い当てられているように感じるのは、
記事を引き寄せているからだと思います。
もしも、必要ない記事だったら、その時はこの記事を読まないかもしれません。
自分にとって必要なことは何かな?と
ゆう子ママがいつもアンテナを張っているから、
シンクロニシティかと思うような記事と出会えるのだと思います。

過去を振り返るのって、あまり好きではないけれど、
ちょっと振り返ってみてください。
自分に意地悪をした人って、そういえばみんな幸せじゃなかったんだな~って、思えます(*^_^*)
そして、誰かに意地悪をしてしまった時の自分って、確かに幸せじゃなかったなとも反省します。。。

いつもありがとうございます。
ゆう子ママのコメントには、いつも励ましと勇気をもらっています。

時々、思い出したようにこのページを訪問すると
『私には、この言葉が必要だったんだ』
と感じます。
まだまだ、あの頃に囚われている自分もいますがJUDYさんとの会話を思い出し、背筋がすっとまっすぐになれます。
3歩進んで2歩下がるの毎日だけど、
今は、『1歩でも進んでいればいいや』って思っています。

izupyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

思い出してくださってありがとうございます。

正面から本音で話して、わかってもらえる人もいれば、
何でも斜にかまえてしか見る事、受け取る事ができない人もいますよね。
以前は同じ波動にいたから、知りあった人とも、
波動が変わってくれば、離れるべき人になってしまうこともあります。
一歩でも進んでいるなら、それはとても大切なことだと思います。
無理矢理、自分で不必要な糸をたぐりよせることだけはしないでくださいね。
15日の満月までは、誰でも心が乱れがちになると思います。
流してくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七夕のグリッド | トップページ | ハワイアンファブリックを探して »