« 虹の橋の向こう側 | トップページ | 聖地へ »

2011年9月 3日 (土)

第二ステージへ

8月12日の記事 『涙のあとの笑顔』でご紹介した、こちらの写真↓

Rikuzentakata_01
中央の白っぽいズボンの方は、陸前高田市長だということはわかっていたのですが、その向かって左側のベージュのシャツの男性が、大手居酒屋チェーン店ワタミの渡邊美樹会長だったんですね。

3.11の震災以降に、「陸前高田 ブログ」で検索した時に最初にヒットしたのが、市長の右隣にいる、前掛けをした大きな男性のブログでした。(車屋酒場という居酒屋を経営していました)

それから車屋さんのブログを読ませていただいています。

8月27~28日に行われた、「陸前高田市復興街づくりインベント 街おこし 夢おこし」を開催するきかっけとなったいきさつは、ワタミの渡邉会長が、車屋さんの住む仮設住宅に視察に来て、立ち話だったそうです。

→ http://blogs.yahoo.co.jp/kurumayasakaba/52044254.html

ガレキの街に、1万人来場のイベントなんて、そんなの無理!無理!と誰もが思っていたそうですが、蓋をあけたら、総来場者数1万7500人のイベントになり、大盛況だったそうです。ニュースで見ることはなかったですが、こういうことこそ、ニュースで取り上げて欲しいですよね。

有名人が来て、炊き出しを行ったというのは受け身ですが、街の人が計画して参加するのは一歩も二歩も前に進んでいる証拠です。

渡邉会長といえば、今年の春の東京都知事選に立候補した一人、その時私は「居酒屋チェーンの会長で、学校運営もしだして、それで介護の会社も興した人で、経営者としての手腕はすごいだろうけど、都知事をまかせるのは、どうなんだろう!?」という思いがありました。

しかし、こうして大きな復興イベントを開き、そして街やそこに住む人々に夢や希望をもう一度つかむきっかけを作ったのですから、凄い人なんだなぁと感じました。この国の頼りないリーダーよりも、ずっとリーダーシップがあるような?

車屋さんのブログには、今まで3.11当日のことは、詳細には書かれていませんでした。

きっと文章にしたくない想像を絶するような体験をした日だったのだろうと察します。

これまで多くの取材依頼があったそうですが、ほとんど断ってきたそうです。

そんな中、取材を承諾した記事が↓こちら。

岩手スポーツマガジンStandard 

あの日、何があったか、どんな気持ちで今日まで過ごしてきたのかを、ほんの少しわかった気がします。

ええ、経験していない私が全部を知ることはできませんよね。

人生の第二ステージへと向かって歩き出している人の、パワーは強いです。

近いうちに、きっとまたお店を再開することでしょう。


震災後だけでなく、震災前の記事からもたくさんのパワーを感じる記事ばかりです↓

陸前高田・車屋酒場日記

わんわんチャネリング、天国からのわんにゃんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング
オリジナルパワーストーンブレスレット ↓

ALOHA  ANGELのHP

 

« 虹の橋の向こう側 | トップページ | 聖地へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹の橋の向こう側 | トップページ | 聖地へ »