« スペシャリスト | トップページ | 神様がくれたロングバケーション »

2011年10月25日 (火)

確執

年老いた母であっても、どうして母親というのは、人を傷つけることをあんなにも平気な顔で言えるのでしょうか。

私ね、思うんですよ・・・。

血のつながった親子であっても、兄弟姉妹であっても、言っていいことと悪いことってあるはずで、誰にでも言われたくないことってありますよね。

それをずけずけと、人の心を土足で踏み荒らすような言葉を投げられるのか、不思議で仕方ありません。

子供の頃から、そういった母親が放った何気ない言葉で、幾度となく傷ついてきました。

私の中では、「傷つけられた」、そう思っています。

エンジェルカードを引けば、「マザーヒーリング」が出ることもしばしばあり、それは私の心の奥底に、どうしても母親に対して未だに許せていない部分のことを示しています。

どうでもいいことには、気を遣うくせに、肝心なことには全く気を遣わない(ーー;)

言葉には魂がありますからね、その「言霊」に乗せられてポーンとやってきたものは、ある人にとっては、心をえぐられるような言葉にもなり得ます。

親子関係も、人生という修行の一環なのだと感じます。


わんわんチャネリング、天国からのわんにゃんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング
オリジナルパワーストーンブレスレット ↓

ALOHA  ANGELのHP



« スペシャリスト | トップページ | 神様がくれたロングバケーション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スペシャリスト | トップページ | 神様がくれたロングバケーション »