« 春の気配 | トップページ | 身体のメンテナンス »

2013年3月 3日 (日)

「ありがとう」と思い、言い続けると

どんなに心の中で『感謝』していても、それを言葉に出したり、文章で表現しないと相手には伝わりません。

仕事でも何でもそうですが、自分に依頼してくれたこと、それは決して当たり前のことではありません。

相手があなたのことを思い出してくれたり、誰かがあなたのことを高く評価してくれて、それが人に伝わったり、そして、なんとなく「この人にお願いしよう」という気持ちになってくれたから、あなたに仕事が(ほかのものもそう)まわってくるのです。

私も以前、ある仕事をしていた時に、仕事がきて当たり前と思っていました。

でも、仕事が激減し、別のもう少しつらい仕事をせざるを得なくなった時に、今までの仕事がどんなに有難いものだったのかを痛感しました。

それからは、仕事を依頼してくれたり、紹介してくれる人に対して、いつも「ありがとうございます」という気持ちで接し、言葉でも感謝を表すようにしていました。

そして、仕事に対しても「ありがたいな~」という気持ちを持って仕事に望んでいました。

さらに、どうしても断らなければならない時は、「せっかくお声がけ頂いたのに、お役に立てずに申し訳ありません。また何かありましたらお願いします」と言うようにしました。

ほかには、「先日の○○の仕事、ありがとうございました。またお話があったらお願いします」と、言うのも忘れませんでした。

すると不思議なことに、次から次へと依頼や紹介が舞い込むようになりました。

機械で選んでいるわけではありませんから、やはり人が選ぶというのは、「気持ち」なんですよね。

どうせなら、気持ち良く仕事をしてくれる人に頼みたいというのが人の心情です。

自分が「ありがとう」という気持ちを持ち続け、それを発することで、あなたもまた、「ありがとう」と人に言われる立場になります。

「言いことも悪いことも、全て自分に返ってくる」の法則ですね。

さて、3月は旅立ちの季節でもあります。

古巣を旅立つ人もいるでしょう。誰かを見送る人もいるでしょう。

「ありがとうございました」の感謝を忘れずに今月も過ごしましょう!

わんわんチャネリング、天国からのわんにゃんメッセージ
エンジェルカードリーディング、遠隔ヒーリング
オリジナルパワーストーンブレスレット ↓

ALOHA  ANGELのHP

 
 
 


« 春の気配 | トップページ | 身体のメンテナンス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の気配 | トップページ | 身体のメンテナンス »