« フクザツな思い | トップページ | 大好きな街 »

2013年5月13日 (月)

幸せの蜘蛛の糸

今日は帰りの電車の中でメールチェックをしたら、悲しいお知らせが届いていました。

すぐにあの子と初めてお話した日のことが、脳裏に浮かんできました。

今にも切れそうな細い細い蜘蛛の糸を、

あの暑い夏の日にあの子は、掴みました。

その切れそうな細い細い蜘蛛の糸は、やがて太く長い、幸せの蜘蛛の糸になっていきました。

あの子は私に「ジュディちゃん、僕ね、幸せだったよ」って伝えに来てくれました。

それを感じた時に電車の中なのに涙がこみあげてきました。

虹の橋を渡ったことは、誰もが迎えることです。

いつか私もあなたも、必ず。。。

最後の最後まであの子らしいお別れの言葉を聞かせてもらった時に、

この仕事を続けてきて良かったと思いました。

ありがとう。

「ありがとうで始まり、ありがとうで終わるんだよ」と教えてくれたあの子です。

ゆっくりゆっくり眠ってね。

おやすみなさい。。。

そういえば、

一週間か10日くらい前に、急にあの曲が聴きたくなってCDを引っ張り出して聴きました。

メッセージだったのね、気づいてあげられなくてごめんね。
 

あの日と同じ曲を聴きながら、合掌。
 


 
 

 



« フクザツな思い | トップページ | 大好きな街 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フクザツな思い | トップページ | 大好きな街 »